2010年9月30日木曜日

お待ちかね!Lucさん特集第二弾!ボストンからNYまで自転車の旅を終えたLucさん。。。

お待たせいたしました!Lucさん特集第二弾です!(←誰も待ってないっつーの・・・笑)

先日エイズ撲滅をめざし、NYのLGBTセンターの募金を募るため、ボストンーNY間自転車走破!をやってのけたLucさん、彼の旅の間のつぶやきと写真を紹介して、男・Lucの軌跡を振り返りたいと思います。。。(笑)





いいことをする最後のチャンスだぜ


木曜(23日)、オレはボストン行きのバスに乗り、金曜(24日)の朝からオレの自転車、カレンと共にボストンからNYへ、自転車の旅を始める。

オレはマンハッタンの13丁目にあるLGBTセンターのために募金を募る旅にでる。
エイズを撲滅するために、下のリンクから募金してくれ。
http://gaycenter.kintera.org/faf/donorReg/donorPledge.asp?ievent=343564&supid=290003352
3日間ばっちり自転車で走り、何かを変えるんだ。
みんなもヘルプしてくれ。


ボストンに行く途中、カレンを迎えに行く。一緒に走るのが待ち遠しいぜ!

Karen! I'm comin to get you! Henry and BD are waiting for us at home! 

カレン!迎えに行くぜ!ヘンリーとBDが家でオレたちを待ってる!

(ヘンリー=Gagaたんの自転車、BD=ベイビードール=Gagaたん♪)



2010/9/24 初日が終わったぜ

ボストンからNYの旅の初日が終わったぜ。100マイル走ったんだ。

シャワーと食い物と、ベッドの時間だな。


旅の途中。。。




すげえ日だった・・・疲れすぎて考えられねえ。
どこもかしこも痛みやがる。




こんな看板のせいで、パンクしちまったぜ。。。。




コネチカットの朝日がまぶしいぜ。。。




頭痛薬が朝メシ代わりだ。


これから家に帰るぞ。




オレはやったぜ!!!




(2010/9/29)

しばらく留守にしてすまない。みんながオレを待っていたことを祈るぜ。
オレは週末ずっと自転車に乗っているか、小便をしているか、寝てるかだった。
3日前に帰ってきたが、オレの足ときたらまだ痛みやがる。
あんまり歩けないし、左足のつま先は感覚がなくなってる。まるで誰かが後ろからきてオレの膝を野球のバットで叩いてるみたいな感じだ。

LGBTセンターへ募金するのにはまだ遅くない。
オレの目標金額は3,500ドルだが、足りなければオレがその差額を埋めるつもりだ。

募金してくれ、よろしくな!




いかがでしたか?
男・Lucの軌跡、に思わず涙した方も多かったのでは(誰ですか?そこで笑ってるのはっ)。。。。

一緒にヘルシーフード食べて、一緒にトレーニングして、一緒に自転車乗って、一緒にロック聴いて、一緒にビール飲んで、一緒にゲイコミュニティの応援ができるなんて、やっぱりGagaたんとLucさんはベストカップルなのかしらーん。。。

(誰ですか?そこで「ちょっと前浮気報道流れた時はバー放火するとか言ってただろっ!」と私に向かってツッコミ入れてる人は)

いや・・・なんか・・・創作意欲が刺激されちゃうのよね・・・Lucさんて・・・(爆)。。。

マジメに、Gagaたんのおじいさまが亡くなった時はしっかりGagaたんを支えていた写真がいくつもありました。。。頼もしいお姿でした。。。

ほんと、末永く仲良くしてくださいね~♪

ひさびさ超絶美女モードで現れたGagaたん♪

昨夜NYのプラザホテル内にあるOak RoomにGagaたんが現れたようですね~♪

そしてその時の写真を自らTweetしてくださいました!!



マックイーンの靴・・・とジュエリーとあとは網タイツだけ?(鼻血)


ひゃ~ウツクシ~(ため息)。。。


ひさびさ超絶美女モードのGagaたんではありませんか!!


つか・・・その格好は・・・・ドレスコードにひっかからないのでしょーか・・・?(笑)


私がこの日ここで食事しているお客さんだったらGagaたんの太ももでお腹いっぱいになってしまってせっかくの豪華なディナーを全部無駄にするところでした!!(そもそも貧乏でこんなレストラン入れないし)


おじいさまのことからも少しは立ち直れたのかな。。。。
元気そうでよかった。。。よかった。。。。(涙)


後でLucさん特集をやりたい私ですー(ボストン-NY間自転車の旅を終えた彼に拍手を送りたい!)♪


<追記>

ひゃー!Gagaデイリーさんによると、このお店でGagaたん、飛び入りパフォまでやってくれちゃったんですね!!!

うらやましいいいい!!!!


ひょえーーー(鼻血)。。。

Gagaたん、シェールとコラボを計画中??!!!(ぎゃー!)

ぎゃーーー!!!

きたきたっ!!これぞペレズさん言うところのゲイ・ヘブン!!!(爆)

VMAで御大シェールと意気投合しちゃったGagaたん、今では二人は大の仲良し。
まるで母と娘のような関係なんだとか!
そんでもっていずれコンサートにジョイン、とか、曲でコラボ、とかという話が出てるという噂・・・・(あくまで噂、ですが、実現したら鼻血でます!)。。。。


ほんとに母娘のような二人・・・(笑)



シェールといえば、マドンナと並んでゲイにとっての神!のような存在。
あのもんのすごい奇抜でド派手な衣装とヘアスタイルで未だに熱狂的なファンがたくさんいる伝説的存在。Gagaたんにとってもいろんな意味で先駆者的な存在のはずーーー♪
こんな二人がコラボするなんて、想像しただけで鼻血の海でダイビングですーーーーー!!!
シンディとも一緒に活動したし、残るはマドンナ様だけだわ。。。。(マドンナとコラボ、なんてあったら確実に私悶絶死します・・・・)

元の記事はこちら


さてここでシェールの80年代の大ヒット曲 If I could turn back timeのPV見ちゃいましょ!!
尻まるだし衣装がちょーーー話題になりましたーー!!!




おまけ写真♪

こちらは28日にNYでパチリ♪の写真。。。前髪おろしてますね。。。?



えーと、この動画見たことないっ!っていう撮影風景シーンの動画があったので載せますー♪
あのGagaたんがプレゼントボックスに入っている写真って、この時に撮られたのですね!
(しっかし、Gagaたん、ええ体じゃのお・・・・ため息)

2010年9月29日水曜日

Gagaたんを訴えた元プロデューサーRob Fusari、今度は自分が訴えられる(笑)その他。。。

このタイトルを見ただけで「ぷっ」と噴き出してしまった方多いかと思われますが、いや~まさしく因果応報ですな~。

Gagaたんの元プロデューサー(そして元カレと言われている)Rob FusariさんがGagaたんを訴えたのは記憶に新しいですが(この件はすでに和解が成立しています)、Forbes誌によるとFusariさんにGagaたんを紹介したというシンガーソングライターのWendy Starland さんという方が、今度は「私があんたにGagaを紹介したんだから、私にもお金を出しなさいよっ」とFusariさんを訴えたらしいです(爆)。

なんでも当時女性シンガーを探していたFusariさんにGagaたんを紹介したのがこの女性で、彼らは当時、Gagaたんのキャリアがうまくいきそうであれば共同でプロデュースするという約束をしていたらしい。ところがGagaたんがメジャーレーベルと契約した途端にFusariさんはStarlandさんをバッサリ切ったとか。

まーなんだかどっちもどっちっていうか(笑)。。。

人に変なことすると自分もいつか足元すくわれるよ、ってお話でした。ちゃんちゃん♪
(後はどーなろーが知りません)



Gagaたん、イギリスにお城を購入予定??


普段から「イギリスが大好き」と語っているGagaたんが、イギリスかスコットランドにお城を購入予定だというニュースがありましたー(ほんとかいな)。。。

Daily Record newspaperによると、Gagaたんはイギリス北部かスコットランドのお城を購入しようとしているとか。なんでも子どもの頃からの夢だったようで、「そんなところもマドンナみたい?(マドンナもイギリスに家を購入しました)」と言われちゃってます。

エルトン・ボールの時にエルトン先生のお宅(こちらもお城だとか)をにお邪魔してあこがれちゃったんですかねー?

また同時にマサチューセッツに家を購入とかいやケープコッドで家を購入とかいろんなニュースがあってもうよくわかりませーーーん!

でもNY出身の人って現実的にはマンハッタンを離れるのをすごくいやがりますから、私個人的にはGagaたんが家を買うとしたらマンハッタンのどこかで高級アパートを購入とかじゃないかなーと思うんですけどね。。。

元の記事はこちら




はいっもう一本っ!(しばらく休んでいたのでまとめてニュースがんばるっ)


アルマーニがモンスターボールの衣装を手がけることに!

ま、このニュースもう知ってる人も多いかと思いますが念のため。。。
グラミー賞からアルマーニとしばしば組んできたGagaたんですが、今回本格的にアルマーニと組むことになったみたいですね~。12月のイタリアでのコンサートでアルマーニが衣装を手がけるとか!

アルマーニのVIP担当Roberta Armaniさんによると、「アルマーニのような会社は常にトレンドや若者になにがアピールするのか知っていなくてはならないのです。私たちはLady GagaがFace BookやTwitterを使うやり方を通して、世界で今なにが起こっているのか知ることができるのです」と、コメント。
通常はアーティストや女優と組んでも既存のコレクションから選ばせるのが普通ですが、Gagaたんの場合「彼女の場合はアートを身にまとうため、既存のコレクションから選んでもらうのは不可能です。彼女の衣装は舞台的ですから」と コメント。どんなデザインになるのか楽しみですね!




こちらのVMAの衣装もアルマーニ。右はアルマーニが手がけたデザインスケッチ


12月以降のモンスターボールはずっと新しいアルマーニさんの衣装になるのかなー?


Gagaたん、英New Statesman誌の「最も重要な50人」の一人に選ばれる!

政治を中心としたリベラルなイギリスの週刊誌「New Statesman」誌でGagaたんが「2010年最も重要な50人」の一人に選ばれました!


Gagaたんもカバーの上のほうに載ってます~♪



Gagaたん以外に50人に選ばれた人は以下の通り:

1. (2) Rupert Murdoch
2. (1) Barack Obama
3. (-) Mahmoud Ahmedinijad
4. (10) Xi Jinping
5. (-) Steve Jobs
6. (26) Pope Benedict XVI
7. (24) Ashfaq Kayani
8. (12) Angela Merkel
9. (4) Eric Schmidt, Larry Page & Sergey Brin
10. (44) Hugo Chavez
11. (-) Binyamin Netanyahu
12. (12) David Petraeus
13. (-) Sarah Palin
14. (-) Craig Venter
15. (-) David Cameron
16. (13) Bill Gates
17. (-) Felipe Calderon
18. (-) Khaled Meshal
19. (25) Warren Buffett
20. (7) Vladimir Putin
21. (8) Osama bin Laden
22. (-) Angelina Jolie
23. (-) Julian Assange
24. (-) Lloyd Blankfein
25. (-) Hillary Clinton
26. (-) Mark Zuckerberg
27. (-) Ratan Tata
28. (-) Stephanie Meyer
29. (31) Sonia Gandhi
30. (-) James Cameron
31. (28) Ingvar Kamprad
32. (-) Stephen McIntyre
33. (-) Moqtada al-Sadr
34. (-) Aung San Suu Kyi
35. (-) Margaret Chan
36. (-) Jacob Zuma
37. (-) Bob Diamond
38. (35) Oprah Winfrey
39. (-) Paul Krugman
40. (36) Mohammed Yunus
41. (34) Simon Cowell
42. (-) Zaha Hadid
43. (22) Amartya Sen
44. (-) Lady Gaga
45. (6) Malalai Joya
46. (-) John Lasseter
47. (-) Julia Gillard
48. (-) Han Han
49. (14) Paul Kagame
50. (-) Caster Semenya


アンジェリーナ・ジョリーや「トワイライト」の著者ステファニー・メイヤー、また「アメリカンアイドル」のサイモンなども入っていますね!

ちょっと順位が低いよ?とも思いますが、政治中心の雑誌みたいなので、Gagaたんはまだまだこれから順位が上がるのかな?

なんにせよ、世界で「最も重要な50人」の一人に選ばれたのはうれしいですね!

モンスター界もしばし休暇中。。。

おそようございます~。

Gagaたんニュースもなく、モンスター界もしばし休止中でございます。。。

本日は朝からGagaたんのおじいさまのお葬式でのパパラッチ写真が出回ってましたが、これはさすがにひどい!と全世界のモンスターが怒りの声を上げたので、ファンサイトなどは写真の掲載を自粛したようです(一部掲載しているサイトもありましたが)。
というわけでアタクシも自粛いたします。。。。

でもLucさんとしっかり支えあっている写真や、座って微笑んでいるGagaたんの写真などあって、悲しみにくれているというよりは、なんとなく満たされているような感じがして・・・少し安心しました。
おじいさまを見送る覚悟ができていたのでしょうか?


こちらは24日、レディ・スターライトさんに会いに行くGagaたん


前日の写真とちょっとだけちがう(靴だけか)ファッソンですね~。



こっちは23日の別写真?(靴が23日の靴だよね??)



そーこーしているうちにまた来年のツアー日程が追加されたので、サイドバー左下に追加してあります。
ちぇけらー♪ください。

しかしほんとに一体いつ日本に来てくれるのおーーー??

来年末にドームって噂はほんとなのかしらん。。。。(がぼーーーーん)。。。


Gagaたんニュースがあまりないのはサビシーですが・・・・ゆっくり休んでね♪Gagaたん。。。

2010年9月27日月曜日

Lucさんとお買い物中のGagaたん in NY

喪中なので不謹慎・・・と思って昨日は載せなかったのですが、皆さんきっとGagaたんニュース飢餓状態かと思うので載せちゃいますう。。。(ゆ、許して)。。。

23日、NYでLucさんとお買い物中のGagaたんをパチリ。





NYでこの格好、かなーーーりヒンシュクかいますよー(笑)
Gagaたんだけは許されるけど!




NYにいた時思ったんですけど、あちらの女性って、胸はぎりぎりまで露出して、そんで文句言われないのに、下は露出するとヒンシュクなんですよねー。
日本はどちらかというと胸は隠して、足はぎりぎりまで出す!のがフツーなので、反対だなあ・・・と思った記憶があります。。。




Lucさんやっぱりヘアカットしたんですかねー?
なんかすっきりしちゃって。。。
(格好もラフだし)




この同じ日かと思うんですが、ファンが浴槽やトイレ関係の売り場でGagaたんをキャッチ!したけどボディガードに止められた、っつー動画があったんですが(あまりにもパパラッチ的な動画なのであえて載せませんが・・・汗)、そういう買い物をしていたということは、やっぱりLucさんとの新居を準備中なんですかねー♪(すでに家族公認みたいだし)




次のライブまでしばしの休息・・・?
なるべく二人の時間をゆっくり過ごしてほしいですねえ。。。。

2010年9月25日土曜日

養護ホームを訪れたGagaたん、LucさんとGagaママ

と、聞いて、GagaたんとLucさんがGagaママと慰問とかしに行ったのかと思ったんですが、このLucさんの真剣な面持ちといい、雰囲気といい、なにかあったの・・・?

と思ったら、先ほどTwitterで「Gagaファミリーへ祈りを捧げます」とFernando Garibayさんがつぶやいたことから、かねてから入院しているGagaたんのおじいちゃんに何かあったのでは?と海外のモンスターたちが心配しています。



う~ん、この雰囲気、とても慰問しにきた感じではなさそうだし。。。


Lucさんが気落ちしたGagaたんを支えている感じ・・・というのが気になる。。。


Lucさんは今NYからボストンまで自転車で走り、ゲイコミュニティのための募金を募るというプロジェクトをやっています。


なにがあったのかほんとに心配です。。。。


でも、ちょっと前、Gagaたんが本当にこわれそうな感じだった頃に比べると、今はLucさんが支えてくれてるんだなあ・・・と・・・何があっても、今のGagaたんなら乗り切れるだろうなあ・・・とちょっと上の写真を見て安心したりなんかしました。。。



<追記 2010/9/26>

多くの皆さんすでにご存知かと思いますが、Gagaたんの祖父、Joseph A. Germanottaさんが24日に亡くなったそうです。88歳、パーキンソン病で亡くなったとのこと。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

Gagaたん、ライブもしばらくお休みなので、今はゆっくり休んで家族との絆を深めてほしいです。。。

2010年9月24日金曜日

プロデューサーRed One、Gagaたんの新作を語る

ど~もおそようございます~。

なんだかDADT撤廃ならず・・・以来すっかりダウン気味(それから急に寒くなって秋っぽくなったのでなんかサビシクなっちゃった。。。)のアタクシでございます~。

GagaたんもNYに戻ったせいかなんかおとなしいし・・・(今頃Lucさんと仲良くやってるかしらん?)。。。

そういえばそーこーしている間にMonster Ball の新しい日程追加されましたね?
サイドバー左下のツアー日程にも追加したのでちぇけらー♪してくださいねん。
しかしいつ来日するんでしょうねえ。。。
この調子だと来日は次の秋冬くらいになるんじゃ・・・・(だって6月までUSの予定が入ってるってことは、その後またヨーロッパに行くのでは?新アルバムの後だから、US→ヨーロッパが先、だよねえ??きっと。。。)。。。

来日前に渡米したろと企んでおりまする。。。(と、家族に行ったら「行ってくれば?」とあっさり言われました・・・ ←家族全員止めても無駄だと知っている・・・)。

んさて、プロデューサーのRed Oneさんのインタビュー記事があったのでざっくり翻訳でお届けしまするー♪




Lady Gagaの新作"Born this way"は人を怒らせるような内容?

Gagaの音楽の中心人物であり、プロデューサーでソングライターのRed Oneは、Gagaの新作が人々を怒らせるような内容かもしれないと考えている。彼が語るには、このアルバムはLady Gagaというアーティストの「解放」についてのアルバムだという。
「これはむしろ彼女の「自由」のアルバムだね。このアルバムは「自由」なんだ・・・「彼女の」アルバムなんだよ!」Red OneはMTVに語った。

だが彼に新アルバムについてさらに聞き出そうとすると、なかなか手ごわい。彼はアルバムの詳細については口を閉ざした。理由はGagaが以前語ったように、今回のアルバムがビターで政治的な内容になっており、日常的に話すような内容ではないと感じているからだ。

「正直言って、このアルバムは重要すぎて話せないんだ。発売された時に聴いてみて、自分で(どう思うか)決めて欲しいんだ」と彼は語る。
「すごく気に入ると思うよ。でも自分にはとても重要すぎて話せないんだ。クレイジーだよ」

Red Oneは今回のアルバムには前回のビヨンセとのようなコラボ曲は入ってないと語ったが、アルバムが出る度に新しいことをしていると繰り返した。

「何をやるにしても、人々にショックを与えたいと以前にも言ったよ。はっきり言って、何をやるにしても、いつも音的にも歌詞にしても、人々にショックを与えて反応を得られるようなものを作りたいと思っている。Gagaのアルバムについては正直言って、本当に重要で話すことができないんだ。話すにはすご過ぎるんだよ。あのアルバムについては全く語りたくない。大事にとっておきたいんだ。彼女自身に話してもらうよ。これは彼女のアルバムだ。彼女がGagaというものを表現したアルバムなんだよ。俺はプロデューサーで、彼女がアーティストだよ」

「後でどうなるかは気にしないさ」アルバムの中で彼が作ったどの曲が使われるかについて彼は語った。
「今これを作ってるとかあれを作ってるとかは言えないよ。サプライズさ。そんな風にしておきたいんだ」

元の記事はこちら




「重要すぎる」「すごすぎる」なんて・・・もう、どこまで期待させるんでしょうね!!!

一体いつ発売なのか・・・・新年のアルバムタイトル発表がなくなったからには、新年にシングル発売とか、やってくれませんかねえええ??
(そしたら寒い冬も乗り切れるよっ!)

2010年9月23日木曜日

GleeにまたもやGagaたんの曲が!&あのChristmas TreeがNOWに!

涼しい~というか寒い雨の日みなさまいかがお過ごしですか?

本日はお子ちゃまと猫とゆっくり過ごしておりまする~♪


さてまたあのGleeでGagaたんの曲が使われましたね!
今回はTelephoneです!
動画貼り付けますので是非ご覧くだされ~♪





こんな感じで誰かが突然一緒に歌ってくれたらちょーーーーうれしいいーーーーーー♪♪♪
(その上踊ってくれたらうれしいいーーー♪♪)


あのChristmas TreeがNOWに入って発売されます!

Gagaたんの隠れた名作?Christmas Treeが10月に発売されるNOW!に入ります!
といってもUS版ですので日本での発売はわかりませんが、アマゾンで買えますので今からクリスマスシーズンに備えて是非ゲットしちゃいましょう~♪



Christmas Tree貼り付けちゃいます~♪
久しぶりだわ~♪

ちなみに元の曲は昔から歌われているクラシッククリスマスソング♪
クリスマスソング集とか買うと必ず入っています。
それをGagaたんが歌うとこうなるのか~と感動でした♪




おまけ♪

そしてあの超キュートなシーズングリーティングGagaたん♪
2008年の12月でしたか?
(なんだかすごい昔のことのよう・・・)




か、かわいいいいいいいいい~~~!!!!(昇天)

2010年9月22日水曜日

Lady Gagaからのメッセージ(from official website)

本日DADT撤廃が実現しなかったことについて、Gagaたんがオフィシャルサイトにメッセージを寄せています。




Today was an enormous DISAPPOINTMENT, for myself, and for many young American people. Not only because Don't Ask Don't Tell was not repealed by our Senators, but moreover because LEGISLATIVE PROCEDURE is being abused to stop public business, public debates, from happening while America is watching. There was a debate today, we just didn't get to watch it. Instead, it has been customary now for antiquated procedures and partisan politics to take precedence over debate, America's needs, and today, sadly, over the needs of US troops. I will keep fighting, I will not give up. I am passionate about the rights of the LGBT Community and SLDN and I will continue to activate as many young people as I can, and encourage them to get politically involved in their future.


今日のことは私自身、またたくさんのアメリカの若者たちにとって、信じられないくらい失望する出来事でした。上院でDADT法が撤廃されなかったことだけでなく、アメリカ国民が見ている中で、公共の仕事、公共の議論を行うための立法上の手続きが悪用されたことにです。
今日議論は行われましたが、私たちは見ることができず、その代わり今や時代遅れの手続きや党派にかたよった政治が議論、そしてアメリカのニーズ、また悲しいことですがアメリカの軍のニーズよよりも優先されるのが当たり前となってしまっています。
私は戦い続けます。私はあきらめません。私はLGBTコミュニティやSLDNの権利について情熱を持っています。私はこれからもたくさんの若者たちを政治に参加するよう、動かし、励ましていこうと思っています。



んでも、Gagaたん、そーとーがっかりだったんだろう。。。

だって「撤廃ならず」の後にTwitterで送ってきたのがこれだもん。。。。



やけ酒も飲むよねえ・・・そりゃ。。。。(涙)

あんなに演説がんばったのに。。。。


はーーーーーー(ため息)


私もやけ酒飲んでます。。。

DADT撤廃ならず・・・

本日のDADT撤廃についての投票ですが、結局56対43ってことで、だめだったようです(60票が必要)。

この仕組みが正直よくわからないのですが、撤廃について審議に入るかどうかに60票が必要みたいで、票が満たないことで審議すらされなかったみたいですね。

これに対してマイケル・ムーア監督も自身のサイトでトップページから大きく「このホモフォビアたち」とマッケイン議員たちの写真を載せ、怒りをあらわにしています。

次のチャンスは今年12月だそうですが、他の審議にまぎれてこのまま撤廃に向けての動きが立ち消えになってしまうのでは?と心配されているそうです。。。




負けるなGagaたん!
あきらめるなモンスターたち!!!

2010年9月21日火曜日

21世紀のジャンヌ・ダルク登場!!本日DADT集会での演説

数時間前、ポートランドでDADT撤廃集会での演説が行われました。
その模様をフルでアップします。

またその内容もざっくり翻訳しました。
聞き取ったままを書いたので、なんだかCNNとかの出来の悪い同時通訳みたいになってしまいましたが、すぐに内容をお届けしたかったのでお許し下さい。



アメリカはプライム・リブ(上等のあばら肉)なのに、私たちはゲイであるがゆえに、一番上等な部分を食べることができない。
私が今日ここにいるのは、DADTは正しくない法律だと信じているからです。

DADTは軍隊において無駄な対立を防ぐため、ストレートの兵士たちが落ち着いて仕事ができなくなるのを防ぐためと言いますが、一般の職であっても、対立や人間同士の緊張は避けられないことです。

そもそもストレートの人間たちがゲイの兵士と一緒にいて落ち着かなくなるというのは自分たちがホモフォビアであると言っているようなものであり、この法律は、「自分はホモフォビアだから、ゲイと一緒にいるのがいやなんだ」と言っているようなものです。

ゲイがいることで「落ち着かなくなる」というのは、あのゲイであることで殺された少年を殺害した犯人と同じ言い訳ではないですか?「あいつがゲイだから悪いんだ。落ち着かないんだ」と犯人は言いました。

ホモフォビアである人はゲイに偏見と憎しみを抱いている。憎しみを心に抱いてる人が軍隊にいられて、栄誉を自分のものできるのはおかしくないですか?

私たちゲイは憎しみなど抱いていない。それなのに家に帰されるのはおかしくないですか?

私は今日新しい法律を提案します。それは「もし私たちがゲイであることがいやなのなら、家に帰れ」という法律です。




もし偏見を捨てて戦う気がないなら、帰りなさい!
自分の隊にゲイがいたら戦えないというなら、帰りなさい!
政府や軍隊がアメリカ憲法を食堂のように扱って良いものでしょうか?
食堂のように、というのは、なんのために我々が戦うのかを政府や軍隊が勝手に選んでいいものなのか?と言いたいのです。
私は憲法と言うものは究極のものだと思っていました。「平等」というものは交渉できるものではないと思っていました。
もし政府や軍隊が私たちの戦うべきものを勝手に選んでいいのなら、私たちは知らされるべきではないでしょうか? 私たちのうちの誰かはその戦いに参加できないと。俺たちは戦争に行く、お前もお前もお前もだ、でもお前は行けない。お前はゲイだからだ!と。
もし政府がこの法律を撤廃しないのであれば、彼らは私たちに、アメリカは誰と戦っているのかを知らせるべきです。

このプライム・リブはいくらなのか?
私はこのプライム・リブは好きなだけ食べられるビュッフェだと思っていました。
「平等」は誰でも食べていいメニューだと思っていました。
でもある権利については、追加料金を払わなければならない。私がゲイだから。
しかし私はストレートの兵士たちと同じ権利と自由、同じ食事、同じ肉を食べることができていいはずです。同じくらい上等な肉を食べていいはずです。それが憲法に書かれていることだからです。
私の名前はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタです。私はアメリカ市民です。
上院議員たちに言います。「平等」はアメリカのプライム・リブです。「平等」は私たちアメリカを象徴するもののはずです。しかし私たちはその肉の一番上等な部分を食べられないのです。
私たちの声を聴いていますか!!
全ての人が私と同じミートドレスを着る権利を持つべきではないですか?
DADTを撤廃してください。さもなくば帰りなさい!


(また関連記事などでてきたら後ほどお伝えします!)



<追記 23.10>

プロ撮影の動画がいっぱい出てきたので一応こちらも貼り付けます。
マイケル・ムーアさんのウェブサイトにしっかり掲載されてました!!!(うれしー♪)

2010年9月20日月曜日

本日DADT法撤廃集会にGagaたんが参戦!!

おそようございます~。

三連休の最終日、みなさまいかがお過ごしでしょうか・・・?

三連休だったはず・・・なのに、全然休んでいない気がするのはなぜだろう・・・(← ガガシゴトし過ぎ・・・・自業自得 笑) 。。。

え~と、今日はお休みしようと思っていたら、また大事なニュースがあ~(汗)!




ポートランドでのDADT撤廃集会にGagaたんも参戦!!

Servicemembers Legal Defense Network (SLDN)(DADTにより除隊処分になった兵士たちをサポートする団体)が本日(現地9月20日午後4時)にメイン州ポートランドのDeering Oaks ParkでDADT撤廃を目指す集会を開催する予定で、Gagaたんもそれに参加するそうです。

また、上院でのDADT撤廃についての投票は火曜日の現地時間午後2時15分に予定されています。


この集会、ボランティアも募っているそうで、殺到しそうですよね~(私も現地にいたら絶対やる!)。

きっと明日の朝くらいにはGagaたん演説動画とかが世界中を駆け回っていそうですね!!






MTV European Music Awardsで5部門ノミネート!

またまたGagaたんがMTVのユーロピアン・ミュージックアウォードで5部門にノミネートされました!
授賞式は11月7日スペイン・マドリッドにて。

ノミネートカテゴリーは以下の通り:

Best Pop
Best Live Act
Best Song for “Bad Romance”
Best Female
Best Video for “Telephone with Beyoncé”



もーーーどこまで受賞しちゃうの??!!って感じですね!
また楽しみです!!

NO DADTビデオにご協力ありがとうございました!

NO DADTビデオにご協力くださった方々、ありがとうございました!

先ほどビデオが出来上がり、Gagaたん、Lucさん(フォローしてもらっているから 笑)、Gaga Dailyさん、に送ったところです。
あといくつか海外ファンサイトにも送ろうと思っています。

メキシコ編集担当せったん、私共々「もっとこうしたかった!」というところもあるのですが、とりあえず時間もないので、メッセージだけ伝われば!と送りました。

メキシコで仕事の合間に編集してくれたせったん、本当にありがとう!!
あなたがいなければ絶対できませんでした!

少しでも私たちのメッセージが届きますように。。。。



(曲はGagaたんのI wish you were hereです)

2010年9月19日日曜日

DADT撤廃に向けてたくさんのビデオが送られているようです♪

昨日は突然の告知に関わらずたくさんの写真を送ってくださってありがとうございました!
ただ今作業中でございます~。
火曜の投票前に送れるといいのですが。。。

さて今日はGagaたんがTwitterでまたビデオを送ってくれましたね!
かなり多くのビデオがモンスターたちから送られてきているようです!



ざっくり翻訳♪

「ハーイみんな、マッケイン議員、Gagaよ。
今日は一日ネットでみんなのビデオを見続けてたわ。
DADT撤廃についてみんなから信じられないくらいたくさんのビデオが送られてきたの。
是非見てちょうだい!じゃあこれからステージに上がらなくちゃ!バーイ!」


この中のビデオのひとつになれればいいのですが。。。。

写真送って下さった方々、ひとつひとつお礼が言いたいのですが、今ちょっと時間がないのでお待ちくださいね!!
メッセージなどもいただき本当にうれしかったです!
ありがとうございました!!!

2010年9月18日土曜日

Lady Gagaは世界を変える!DADT法撤廃を呼びかけるビデオメッセージ公開

みなさんもうご覧になったと思いますが、昨日GagaたんがTwitterでDADT法撤廃(これについては木曜日にアップした記事「Lady Gagaは世界を変える!DADT法を撤廃するために動き出したモンスターたち」をご覧下さい)と、そのための行動をファンに呼びかけるビデオを送ってくれました。

背景を知らないと難しい内容のビデオだと思うので、混乱されたファンの方も多かったと思います。
そこですぐにこの内容を翻訳したかったのですが、なにせ内容が内容ですので、翻訳の前に情報収集などをしてから・・・と思いお伝えするのが遅くなってしまいました。

まずはGagaたんのビデオ・メッセージをご覧下さい。



内容をざっくり翻訳しました:

「Dont' Ask Don't Tellとは1993年に作られた法律であり、ゲイたちが軍隊でゲイであることをオープンにして働くことを禁じる法律です。この法律が制定されて以来、14000人ものアメリカ人が除隊を命じられ、尊敬すべき仕事をしている貴重な人材であるにも関わらず、この国のために働く権利を拒絶されてきました。オバマ政権になってからだけでも、すでに400人の兵士が除隊処分となっています。この法律は軍隊が兵士のセクシュアリティを聞くことも禁じていますが、SLDN(Service members Legal Defense Network) の弁護人によると、この法律によって除隊となった兵士たちは調査をされ、憶測だけで上官からe-mailや所持品の検査、家族への電話調査などをされたということが証明されました。結局この法律はゲイについてのイメージを利用して行使され、ゲイの兵士たちは標的にされたのです。つまり、この法律は憲法に違反しているだけでなく、政府によって正しく行使されていないのです。

私たちの、「平等な権利」を求める戦いは続いています。 私たちは毎日、このような憎しみと差別を助長する法律と戦っています。

私は今ここで私たちの世代を代表して話しています。投票をする上院議員たちの世代ではなく、この国の若者たちの代表としてです。私たちの世代、そしてその子どもたちもこの法律の影響を受けることになります。私たちは同性愛が意味するべきことに同意してもらおうとか、賛同してもらいたいと言っているわけではありません。私たちはあなたがたに自分たちの仕事をしてもらいたいだけです。その仕事とは、憲法を守ることです」

その後彼女は除隊となった兵士たちのストーリーを語り、こう続けます。

「最も私にとってショッキングだったのは、除隊となった兵士たちが皆一様に、(このような差別を受けても)どんなに仕事に戻りたいか、どんなに私たちの国を守りたいかと訴えたことです。入隊したのはアメリカという国を信じているからだと彼らは語っています」

その後彼女は自分の出身地、NY選出の上院議員であるCharles SchumerとKirsten Gillibrandに電話をかけます。

「つながるまでかけ続けて、このメッセージを届けるわ(と、電話で議員に伝えたいメッセージを言う):
私には選挙権があります。名前はStefani Joanne Angelina Germanotta、Lady Gagaとしても知られています。議員に電話したのはリード議員やレビン議員と共にDADT法撤廃への一票を投じて欲しいからです。そしてジョン・マッケイン議員の恥知らずな議事妨害に反対して欲しいからです。私たちはゲイやレズビアンの兵士たちのためにこの法律を撤廃する必要があります」




DADT法撤廃についての上院での投票は来週火曜日に行われることが予定されています。
これについてこの法律を支持する共和党のマッケイン議員は「議事妨害」することをすでに予告しました。
これに怒ったGagaたんはTwitterで

SENATOR JOHN MCCAIN is attempting to stop the DON'T ASK DON'T TELL repeal vote this tuesday, with a filibuster.

「ジョン・マッケイン議員は火曜日の投票で議事妨害をしようとしているわ」


とつぶやき、その後にこのビデオ・メッセージが公開されたというわけです。


Gagaたんは現在、ファンに自分のいる州の議員に電話をして撤廃を訴えるよう、またそれぞれビデオを作って自分に送ってくれるよう呼びかけています。
また最大のファンサイト、Gaga Dailyでもビデオを募っています








これを受けて私もGagaたんにビデオを送ることにしました。


と、いっても私たちはアメリカ国籍ではないですから、選挙権もなにもありません。
そんなことしても無駄じゃないの?とおっしゃる方ももちろんいるでしょう。

でも、海の向こうの国でもこんな法律は許せない!と思っている人間がいると知らせるのはけっして無駄なことじゃない気がします。


また、「そもそも戦争も軍隊も反対だから」とおっしゃる人もいるでしょう。

私もそうです。戦争も軍隊も反対です。
たぶんGagaたんもそうだと思います。
(ついでに言えばアメリカという国も好きじゃないです。NYは大好きですけど)


でも、それがどこであれ、セクシュアリティだけで個人が自分のやりたいことを妨げられるのは決して認められるべきことではないと思います。

多分これはGagaたんの、「世界を変える」という目標に向かっての行動の、始まりに過ぎないと思います。 


それならば、私たちは「他人事」とせず、微力でもサポートしたいのです!




もし賛同してくださる方いましたら、


「NO DADT」と書いた紙を掲げた写真の画像を明日(日曜日)の正午までに

gagaholicmom@gmail.com

まで送ってください!


顔を出したくない人はもちろんわからないように撮ってくださって結構です~♪


(そして、技術のない私のために編集役をかってでてくださった、というか私に脅迫された?メキシコの悪友せったんに感謝!!!)

2010年9月17日金曜日

(モンスター必読!)VMAの楽屋裏でLady Gagaが見せた素顔とは?

おそようございます~。

昨日からずっとみなさんに読んで欲しくて読んで欲しくてたまらなかった記事を翻訳しました!
もー時間がないので職場で社長がいなくなった隙に(←ひどい秘書)、また帰宅途中のカフェで汗水たらして訳しました~(←アホ)。

USのMTVのサイトに掲載されていた、VMA楽屋裏のお話です。
MTVのレポーターである?筆者が、VMA当日に見たGagaたんのことを書いています。
Gagaたんの人柄がにじみ出るようなエピソードに胸が熱くなりました。

(※注:すいません時間がなかったため、なんか直訳っぽい訳とかもあるかと思うのですがお許しくだされ~ ペコリ)


VMA楽屋裏で垣間見た、Lady Gagaの素顔とは?


MTVジェームズ・モンゴメリ記

日曜の夜、Lady Gagaはベスト・コンテンポラリー・ワールド・ミュージック賞以外のすべての賞を受賞した。
だが彼女の振る舞いをみたら、そんなことはとても信じられないだろう。
少なくとも私には信じられなかった。私はLady Gagaがステージから降りる際、およそ3フィートくらい離れている場所に立っていた。Gagaは片手にビデオ・オブ・ザ・イヤーのトロフィーを持ち、もう一方の手には肉の形をしたクラッチバッグを抱えていた。その瞬間、彼女はこの星最大のポップ・アイコンであり、数百万人の人々に影響を与え、自分の「声」を持たない人々のために発言する覚悟をした女性、自分の立場を社会の変革のために使う女性にはとても見えなかった。

その代わりGagaはとても控えめで謙虚な人間に見えた。これはもしかするとあのシェールから賞を受賞したことが影響しているのかもしれないが(これは絶対に動揺する体験だと思う)。または8個目のムーンマン(VMAのトロフィー)を手に入れたからか?いずれにしろ自分には奇妙なことのように映ったのだ。
自分がGagaについて知っていることや、雑誌で読んだことを考えてみて、その上彼女のビデオやファッションセンス、それからド派手で威勢のいいライブ・パフォーマンスを思い出してみると、頭に浮かぶのはむしろ人間というよりも何かもっと神に近いものだ。
Gagaはとても人間とは思えない。それよりも特殊な服装が大好きな霊的なライオン調教師か、はたまた炎を吸い込むシバ神の新しい姿(サングラスをかけた)か。
まあそれも考えれば当たっているのだが。

だがVMAがあったその夜、そうした私のLady Gagaに対するイメージは間違っていたことを知った。

気付くのにどうしてこれほど時間がかかったのかわからない。そもそもGagaにはインタビューしたこともあるし、この記事欄でも今年に入ってから「この世のものとも思えないスターから、普通の女の子へと変貌」したことについて書いたではないか。

だが今夜この授賞式で涙をこらえる彼女を見ていて(現場で何が起こっていたか想像をめぐらしている方のために言うが、彼女はバックステージでも涙をこらえ続けていた)、はたと気付いた。
私は彼女がシェールを抱き、耳元で何かささやくのを眺めていた。その後彼女は楽屋に向かったが、まだ少し震えており、関係者や通りすがりに祝福するプロデューサーたちに「ありがとう」と言い続けていた。

私はGagaとその一行が会場を出て行くのを追いかけた。たくましいセキュリティに取り囲まれた彼女の小さな肩から目を離すまいとしながら。これは想像するよりも大変なことで、Gagaは実際に会ってみると非常に小柄で、実に華奢なのだ。彼女は歩くというよりまるで忍び足をしているように歩く。マックイーンのアルマジロヒールを履いているからでもあるが、見ているこちらがまるで彼女が少しの風にも倒れてしまいそうな印象を持つからかもしれない。Gagaはまるで高級な陶器のようなのだ。ガラスの箱に入れて飾りたいと思ったり、羽でできたほうきでほこりを払いたいと思わせるほどに。こんな風に思わせる女神はそんなに多くはないだろう。

彼女の一行は下へと降りていき、私はまたしても追いかけた。彼らはステージの下の楽屋が並ぶ通路へと降りていき、スターたちのほとんどがGagaが来たことを聞きつけ、一目でも彼女を見ようと楽屋から顔を出してきた。そう、彼女はそれほど人を引き寄せる力があるのだ。
私が壁のほうから眺めていると、楽屋からGagaのスタイリストたちが現れ、手をたたいて騒ぎ始めた。私はその時に初めてGagaが微笑んでいることに気づいた。
これが本当のGagaなのだ。彼女の最も親しい友人たち(と知りたがりやのレポーター)だけが見ることのできるGaga。
カメラが回っていない時(一日に3時間くらいだが)だけに現れるGagaだ。
目にはまだ涙が残っているが、彼女はもう泣いてはいない。彼女は笑っているのだ。それも笑いながら息を飲むような音までたてている。何かに勝利して、その喜びを友達と分かち合っている時に誰でもするようなことだ。

彼女が楽屋の中に消えていき、一行が後に続き、ドアが閉められ、セキュリティたちが各自の場所につくところを、私はじっと見つめていた。
部屋の中からはすぐに祝福の声が上がった。それは本物の喜びに溢れていた。
もちろんGagaにとって賞を受賞できるかどうかは大事なことだが、彼女にとっては受賞を友達と分かち合うことのほうがより重要なのではないだろうか。Gagaという人はそういう人間なのではないかと私は考えている。

Gagaがどれくらいの間楽屋にいたかはわからない。私はすでに通路の反対側に向かっていた。
そこではカニエ・ウエストが楽屋にセレブを集め、即興で演奏してパーティを行っており、通路がふさがれていた。アッシャーが参加し、リアーナも現れ、女性のバレエダンサーも参加していた。
Gagaの楽屋、カニエの楽屋との違いが際立ってみえた。なぜならカニエの場合、たとえスポットライトがあたっていなくても、カニエは自分を神のように見せるからであり、それが彼がスターでいる秘訣だ。Gagaはちがう。彼女はスターでいる秘訣など必要ないのだ。普通の人間でいることで、彼女にとっては十分なのだから。

もちろん、ほんのちょっとGagaが見せた無防備な瞬間から、自分がとんでもなく想像を広げていることはわかっている。 だがあるスターについて、カメラが回っていない時こそ驚くほどたくさんのことを知ることができる。スターが親密な友人と、受賞トロフィーだけといる時間だ。
ほんの一瞬、私は本当のGagaを見ることができた。それで十分だ。
彼女は泣き、笑い、息をのんだりまでしていた。彼女は謙虚で誠実で、肉のドレスを着ている時でさえ、人間なのだ。

人は毎日新しいことを知るものである。


(元の記事はこちら)


いかがでしたでしょうか?
(と、書いている自分が泣いている・・・涙)

私はVMAの受賞スピーチの時に、Gagaたんが言ったこの言葉がすごく印象に残っています。

Little monsters, tonight, we're the cool kids at the party.

「リトルモンスターたち、今夜は私たちがパーティのクールキッズよ」

アメリカって、(特に学校ですけど)いわゆる「人気の花形グループ」(cool kids)と「イケてない人気のないグループ」(uncool kids)で分かれて、アンクールな人たちはずっと人気のないままですよね。。。
(いや日本でもそうですけどね)

「パーティの主役」には絶対になれないアンクールな私たち。
それが、今日はパーティの主役になったのよ。
リトルモンスターたち、今日は私たちが「パーティの主役」になったのよ!

私はGagaたんが、いつもはクラスの片隅で、社会の片隅で、マイノリティであり、「アンクール」な側にいるモンスターたちにそう語りかけているんだな、と思いました。

Gagaたんは自分が「アンクール」でいた過去を決して忘れず、その居場所のなかった時代に自分を受け入れ、励ましてくれた友人たちだけを、今も信頼して大切にしているんだろうなあ、と思います。
そして、「自分自身」であるモンスターたちのことも。

こんなにビッグスターになった今も、Gagaたんが本当に心を許すのは昔からの仲間と自分を支えてくれたファンだけなんですよね。。。

そんなGagaたんの素顔が垣間見られるこのエピソード、是非是非皆さんに読んで欲しかったのでございます~(涙)。

感想などいただけたらうれしいです~♪

Gagaたんまたまた世界記録!その他もろもろ♪

おはようございます~♪

なんだかいっぱい伝えたいニュースがあるのですが翻訳が間に合わずきいいいいっ!となっている今日この頃です。。。
涼しくなりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか~?

んさて、ここんところ肉ドレスが本物か本物じゃないか?の議論があったり、Gagaたん香水が発売されると決定したり(結局本当になったのですね)、VMA後のLAの空港で着てた服(っていうかほとんど服着てないし)が問題になったり、いろいろニュースがありましたねー(ここではスルーしちゃっててすみません・・・)♪
んでもここではあんまり日本のメディアが伝えないような記事を載せたいなーと思っているのですが(昨日のDADT法のこととか)、そーなると翻訳が必要になり、時間があーーー!!(号泣)と毎日あせっているアタクシでございます。。。ううううう。。。

んでも、今朝は細かいニュースをアップさせていただきま~す♪

んさて、Gagaたんまたまた記録を作ってしまいましたわね!!


Gagaたんまたまた世界記録!

The Fameからのシングルが154週もUKチャートのトップ75位以内に入っていたということで、ギネスの世界記録を塗り替えました。ちなみに今までの記録保持者はオアシスだったとのこと。
また同時に「インターネットで最もサーチされた女性」としても記録を作りました。



US人気ドラマ「CSI マイアミ」にGagaたんがゲスト出演?!

以前も「ドクターフー」にゲスト出演?とかいうニュースがありましたので、これもどうなのか~?って感じですが、出演者の一人、Eva La RueによるとGagaたんがゲスト出演に興味を示しているとか。
その場合本人としての出演ではなく、キャラクターとしての出演を望んでいるという。




14日フィラデルフィアでのライブ動画がおもしろいので貼り付けちゃいます~♪

こちらはいつものテレフォンタイム♪
電話でファンと話したらファンがオペラで答えてくれちゃった件(Gagaたんも大コーフンな感じで!)♪




こちらはジャズ・スキャットからYou and I へ。
VMAの前、ニューアルバムのことを言いたくて言いたくて、ずっと我慢してて大変だった、と語るGagaたんとってもキュートです♪
(そしてやっぱりセンターパートのヘアスタイルがたまりません!!)




んではお仕事行ってきま~す♪

2010年9月16日木曜日

Lady Gagaは世界を変える!DADT法を撤廃するために動き出したモンスターたち

おそようございます~♪
昨日は疲労マックスのためガガシゴトお休みしちゃったのですが、お伝えしたいニュースが山ほどあるので今日はがんばるですー♪


さて、私たちモンスターにとって大事なことについて是非書きたいと思っています。

先日のVMAでDADT法(Don't ask, don't tell-聞くな、言うな、の意味。同性愛者の勤務が禁じられている米軍で、本人がゲイまたはレズビアンであることを公言しない限り、その勤務を容認する法律のこと。軍隊のほうから兵士のセクシュアリティを聞くことも制限されている)によって除隊となった兵士たちを伴って現れたGagaたん。

オフィシャルサイトを見て驚きました。GagaたんはトップページからDADT法撤廃に向けての協力をファンたちに呼びかけています。

オフィシャルサイトトップページ


GagaたんはVMAに続いて「エレン」出演時にもDADT法について触れ、この法律を撤廃するようかねてから活動しているネバダ州選出上院議員ハリー・リード(もちろん民主党)のことに触れ、ファンに「撤廃への一票を投じるようにリード議員に電話しよう」と呼びかけました。


ネバダ州選出アメリカ合衆国上院議員ハリー・リードさん

これを受けてリード議員はすでに撤廃への一票を投じる準備ができていることをツイート。

 "Anyone qualified to serve this country should be allowed to do so." 
「この国に仕える資格があるものは、誰であろうとそれを許されるべきだ」
  

そしてこのリード議員からのツイートを受けたGagaたんがこう応えています。

"God Bless and Thank You, @HarryReid, from all of us, like you, who believe in equality and the dream of this country."

「あなたのようにこの国の平等と夢を信じる私たちみんなから、リード議員に感謝と神の加護を」


この二人のTwitter上のやりとりはニュースでも報じられました↓↓↓

Reid and Lady Gaga Tweets



そして、このGagaたんからの呼びかけに応えて、今モンスターたちがDADT法撤廃に向けて動き出したのです!!

下の動画を見てください!
モンスターたちが自分の住んでいる州の議員にDADT撤廃を求める電話をする動画です。
彼らはそうやって実際に声を上げることがどれだけ簡単か、自分たちの行動で示してくれています。


Calls to repeal DADT!!!



私、この動画を見て号泣してしまいました。。。

Lady Gagaという一人のアーティストの呼びかけに応えて、普段は政治に参加しない若者たちも自分たちの「声」を持ち始めた。
これはどんどん広がって、やがてひとつの国を動かすパワーとなり得るでしょう。

Gagaたんは、本当に世界を変えようとしてるんだ。
そして私たちモンスターも、それに参加できるんだ!!!

これだけのビッグスターになってから、このようにおおっぴらに政治的な発言・活動をすることはキャリアに大きな悪影響を及ぼすことも考えられます。
それでもあえて闘おうとするのは、彼女がひたすら差別や偏見を憎み、また自分を今まで支えてくれた友人やファンたちを救いたいと純粋に思っているからでしょう。

Gagaたんは、人がどのようなセクシュアリティでも、どのような階級に属していようとも、どのような容姿であっても、 その人がその人なりに美しくいられる真に自由で公平な世界の実現・・・という途方もない夢に向かって動き出したんだなあ・・・と思ったりなんかしてオバサン感無量です。。。

DADT法はアメリカの軍隊の法律であって、日本にいる私たちには関係がないかもしれないけど、差別や偏見のない世界の実現という夢は、どの国に住んでいるモンスターにとっても夢であるはず!

私たちもこれから精一杯Gagaたんを支えていきましょう!

2010年9月14日火曜日

早くもアルバムタイトル入りのタトゥーが!

おはようございます~♪
「朝を制するものは一日を制す!」とか今CMで言ってましたが、それなら今日一日絶対ぼろぼろだわ~(足腰立たない状態・・・・笑)。

んさて、GagaたんLAの空港にて・・・。



もう、Born this wayって入ってる!!!



(んじゃ、やっぱりアルバムタイトルですね!!)

え~、じゃあ、「新年にタトゥー入りでタイトル発表!」って計画はどうなったんですか~??!! 
(前倒しってことか・・・)




じゃあアルバム発売も前倒しってことで、お願いします~!!!!


昨日はたくさんコメントありがとうございました!
今日は帰宅したらがしがしコメントバックさせていただきます~♪♪♪