2010年6月30日水曜日

Rolling Stone最新号のインタビューPart2

お待たせしました!Part2をアップします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(Part 1 から続く)

-君と話しているのは実におもしろいよ。君は知的で、アーティスティックな面がある。
でも君のヒット曲の半分はクラブに行って遊ぶことや、酔っ払うことだよね・・・

それじゃあ、今はもうちょっと知的でアーティスティックになる機会があるわけよね。
ウォーホール的な意味のポップ・アーティストとして、傲慢に私の音楽的戦略を語る
つもりはないけれど、でも最近では何か知的なものを人に聴かせたかったら、
トリックを仕掛けなければならないわ。

-じゃあ、「あなたの喉元までこの考えを突っ込んでやるわ」と考えているとでも?

または、居心地の悪くなるようなことを人々に考えさせるように誘い込むとか?
なぜ私たちは未だにDon't ask Don't tell 法(訳注:「聞くな、言うな」という意味。
同性愛者の勤務が禁じられている軍隊で、本人がゲイであることを公言しない限り
その勤務を容認する法律のこと)について話しているの?一体今は何年なの?
頭にくるわ!私は3年間ケーキを焼き続けているのよ。だから今度はケーキに苦い
ジャムをつけるわ。

-そのケーキとジャムについてもうちょっと詳しく説明してくれる?

私の新しい音楽のメッセージは前よりもずっとビターになると思う。ケーキが甘け
れば甘いほど、ジャムを苦く感じるのよ。私がありのままの自分で出て行ったとし
たら、誰も私の言うことなんて聞かないわ。今人々は私に耳を傾けてくれるの。
だから私は人々にインスピレーションを与えることができる。今私は自分の人生
の中で、今までとちがった場所にいて、ちがうことに興味を持っているの。私はもう
名声をつかんだわ。だからもうそれについての曲は書きたくないの。

その晩のショーが始まる前、Gagaはショーの後にインタビューを続けても良いか
と聞いてきた。
終わってすぐに彼女は、ステージで使った血にまみれたままツアーバスに飛び乗る。
バスが駐車場から出ようとすると外からファンの叫び声が聞こえ、彼女はバスの
運転手にこう言う。「待って。ちょっと止めてくれる?ファンにちょっと挨拶するわ」
Gagaのセキュリティたちは一瞬非難するような目で彼女を見たが、その後折れた。
彼女がドアのほうへ向かい、開けてしまうと、数百人のファンが一斉に彼女に殺到した。
セキュリティは運転手に向かってドアを閉めるようにと怒鳴り、バスが走り出す。
インタビューを続けるために席に戻ってきた彼女はゆっくりと満足げに微笑み、
その間にツアーマネージャーが白ワインとチキン・フィンガーを差し出す。
Gagaはチキンにケチャップを多めにつけて食べる。

-名声に対処するために拠り所となるものを培ってきたか、またそれと共に
成長してきたか、ということについてはどう思う?

それは家族と、そして友達と築き上げた強く素晴らしい関係ね。
私の高校時代からの親友、それからNYのダウンタウンで知り合った友人たち。
当時彼らは変わった若者たちばかりで集まっていて、私を歓迎してくれたの。実は
今日Lady Starlight(パフォーマンスアーティストで昔の相方)と話していたところなの。
私は彼女にこう言ったわ。
「あなたたちがいなかったら、私は今頃ここにいなかったわ」って。
本当のことよ。彼らは私に、私にも居場所があることを教えてくれたの。そのこと
について話すだけで涙が出てきちゃうわ。だって、自分の居場所がどこにもないって
強く感じてしまったら、たった一人の友達を作るだけでも、なんでもするものよ。
私にとって本当に気が合う友達を見つけた時、本当に彼らは私をサポートしてくれ
たの。彼女がある日私に「あなたはパフォーマンスアーティストよ」と言ってくれた日
を、私は絶対に忘れない。「ほんとにそう思う?」って感じだった。誰かが自分を
信じてくれた時、それが自分を成長させてくれるのよ。

-しっかり子供を愛してくれているちゃんとした家と両親を持った子どもは、成功に
対処するのがそうでない家庭の子より上手だと思うんだけど。

それはそうよ!でも私は悪い子だったの。だから家庭ではいろいろあったの。
特に高校生の時ね。まさに悪夢のような子どもだったわ。今じゃ私の母はいつも
笑ってるわ。だって私がNYの家にいる時は、家の近くのバーで酔っ払って「私は
本当に悪い娘だったわ。ほんとにごめんなさい!」なんて言ってるから。ママは「もう
あなたは償ったわよ。もう大丈夫」って言うの。

-君の行動を見ていると、幼年期や思春期にトラウマ的な体験をした人の特徴が
見られるけど、そういうことを公に語ろうと思っている?

多分ないわね。

-クリスティーナ・アギレラが過去の暗い体験を話した時(家庭内暴力がある家庭
で育ったこと)、ネガティブな反応はなかったし、逆に彼女の人気は上がったよ。

(ためらってから)私はこの話を私なりのやり方で伝えていると感じているわ。
私のファンは私という人間をわかってくれている。私は彼らに間違ったことを教えたく
ないの。それに、自分を尊敬してくれている人々に、どれだけ自分をさらけ出すか、
気をつけなくてはいけないわ。彼らは私を理解してる。私とどうやって関わっていく
かを知っているの。私はもう全てをさらけ出しているの。もし彼らがあなたと同じよ
うに賢ければ、彼らが自分たちで判断するわ。でも私は悪い見本にはなりたくないの。

-犠牲者という意味での悪い見本?

ええ。それに私は犠牲者じゃないわ。私のメッセージはポジティブよ。
私のショーは可愛いらしい無邪気さともの悲しさがあるわ。ポップなもの悲しさね。
それが私のアートよ。私が別のやり方でそのことを話したら、それが世界を救うた
めに最高の方法かどうかわからないわ。

-もしそのことを君が話したら、君がやることは全て誤った解釈をされて、人は君を
その体験を通してみるようになるから?

そうよ。もし私が本か何かを書いていたら難しいと思うけど・・・もし私が今このインタ
ビューで何か言ったら、売り出されると同時に世界中に広まるわ。それで話はねじま
げられて、まったく違う話になる。敬意を表さなければならない出来事もあるものよ。
人に言えない神聖なこともあるのよ。

-わかったよ。

とてもトラウマ的なこともあるものよ。私も今では全部覚えていないわ。
でも心の底から言えるのは、私には世界で一番素晴らしい母と父がいて、虐待など
されたことは絶対になかったわ。私の子ども時代は悪いものではなかった。私がくぐ
り抜けてきたことは全て私がアーティストとしての自分の道を探求する中で起こった
ことなの。私はその中でウォーホールやボウイやミックのように自分をぼろぼろに
しなければならなかった。だからそうしたのよ。

-君が、アーティストは人生の中でダークな体験をしなければならないと考えている
点は非常に興味深いね。

そうよ。でも、自分自身が原因の全てのトラウマは(そこまで話して止まる)。
それとも、あれは私が過激で無責任だった時代に出会った人たちが原因かしら。
私が言いたいのは、私はミック・ジャガーでもボウイでもないし、私のファンはその
年代でもないわ。私の曲を聴いている9歳くらいの子どももいるのよ。だから私は
なるべく若いファンに気を使おうとしているの。

-でも君はいつもコックとかプッシー(訳注:オチンチンとかオマンコとかの意味)
について話しているよね。でも言っていることはわかるよ。

そうね。でもコックとかプッシーとはちがう話よ。

-君は去年あたりからずいぶんスピリチュアルに、また宗教的になったよね。

いくつかちがう体験をしたの。私は叔母のJoanneと本当に結ばれているの。
彼女はもうこの世にはいないわ。それから父の手術があって、私の人生も大きく
変わった。今では神様が私を見守っていなかったと思うほうが難しいわ。これまで
ドラッグに溺れたり、たくさんの人に拒絶されたり、誰にも信じてもらえなかったん
もの。長く果てしない道のりだったわ。これが全部自分で成し遂げたことだとは思
えない。この世には私より偉大な存在がいると信じないではいられないわ。

-高いところにある力のようなものとか?

そうよ。高い場所にある力が私を見守ってくれていたの。時々恐ろしくなるわ。
というか、すくんでしまうの。あの頃、NYのアパートで、足はトコシラミに刺された跡
だらけ、床はゴキブリだらけで、コカインがのった鏡がそこら中に散らばっていた。
曲を作りたい、ドラッグでハイになりたいということ以外、何をする意思も興味もな
かった。私は長い道のりをここまでやってきたと思う。そして私には感謝したい友達
がいて、神がいるの。

-今はドラッグの代わりに仕事にのめりこんでいるのだと思う?

自分の力をクリエイティブで素晴らしいことに使うことを学ぶのよ。
私はDeepak Chupraと仕事をしているんだけど、電話で変な夢を見たことを話したの
・・・でも話したくないわ。病的過ぎるから。

-病的な夢を良く見るようだね。

良く見るわ。でもそれを私はショーの中で見せているの。私のやっている仕事の多く
はファンのためのエクソシズム(除霊)だけど、私のためのエクソシズムでもあるの。
ショーの中で心臓を食べるビデオを流すけど、あれは本物の牛の心臓よ。

-どうしてそんなことを?

父が心臓の手術をするところだったの。それとも手術をしたばかりの時だったかしら。
ショーのビジュアルを担当しているNick Nightが言ったの。「もう開放する時だよ」って。
それで彼は私が恐怖と対峙する方法としてあの心臓をくれたのよ。

-さっきDeepak Chopraに夢のことを話したって言ってたけど、何が起こったんだい?

そうだったわね。私は興奮して、ショーが始まる前、ヒステリックに泣いていたの。
「悪魔が私を殺そうとしているの!私はいい子なのに!」って。
自分が悪魔とかそんなことを信じているかもわからないのにね。とにかく私は父のこと
を心配していたんだと思う。それでDeepakが「君はほんとにクリエイティブなんだよ。
私のGaga。その夢をビデオにしたらいい」と言ってくれたの。
多分彼なりの言い方で、自分の狂気をリスペクトし、誇りにすることを学びなさいと
教えてくれたんだと思う。だってそれも私の一部だから。

-繰り返して見る夢はある?

(ためらってから)時々だけど同じ夢を見るわ。私の家に怪人がいて、私を部屋に
連れて行くの。するとそこには金髪の女の子がいて、彼女はロープで手足を縛ら
れているの。その女の子は私がグラミーで履いていた靴を履いているのよ。
精神病的よね。ロープは彼女を引き裂こうとしているの。

彼女が引き裂かれるのを見たことはないわ。私はただ彼女がしくしくと泣いている
姿を見ているだけ。すると怪人が私に言うの。
「彼女を傷つけて欲しくなかったら、お前の家族に無事でいて欲しかったら、お前の
手首を切れ」
やつはその、手首を切るための道具みたいなものを持っているのよ。それで、タッパー
かなにかに蜂蜜を入れているの。まるで化学調味料たっぷりのNYの中華ソースみた
いなやつよ。ほんとに変な夢なの。それからやつはその蜂蜜を私の手首の傷にかけろ
と言って、その上にクリームとガーゼをのせるの。

それで、その夢の意味を調べてみたのだけど、どこにもそんな夢のことは書いてなか
ったわ。そしたら私の母が言うの。「それってイルミナティ(訳注:有名な秘密結社。
多くの著名人が昔から所属していると言われている。「ダヴィンチコード」などで中心
となって描かれている)の儀式じゃないの?」って。私は「Oh my God!!」って感じだったわ。

-みんな君がツアーでがんばりすぎて疲れ切っているって言ってるよ。
君がツアーを始めてから・・・

3年よ。終わる頃には4年になっているわ。それから新アルバムを出すつもり。
だからまた会いましょう!(冷笑しながら)もう新しいショーを企画しているところよ。

-どこかで人々の反発を招くところまで行くんじゃないかって心配はしている?

どこで反発を招くの?

-誰にも予言はできないよ。でもアーティストがある程度のキャリアを重ねたら、突然
いろんなことが起こって、急にみんなから嫌われるってことがあるだろう?
でもその後今度は同じ人をちやほやするわけだけど。

私はそんなことは心配していないわ。私はカルマ(業)というものを信じてるの。
私は周りの人にとてもよくしているのよ。あなたが私の素晴らしいチームをどれほど
観察したかわからないけど、私はチームのみんなをとても愛しているの。
私のアシスタントは私の親友の一人よ。私はどう言ってもディーバってタイプではないわ。

-でもそれを置いても、メディアは人をちやほやして、それからめちゃくちゃにして、また
持ち上げるなんてことが好きだよね。誰でも経験することだと思うよ。

つまり、メディアは私に対して全てを試みたと思うの。でも私をめちゃくちゃにはできな
かった。メディアがなにか私に悪いものがついているとか言い出したら、メディアに
自分は破壊されないって思わなくちゃ。私の腕にはそこらじゅう引っかき傷がついて
いるんだけど、それについてメディアは私がヘロイン中毒者だと言ってるわ。本当は
衣装でついた傷なんだけど。私がステージで倒れれば、「Gagaは燃え尽き症候群だ」
って書くし。実際は、A.私の健康状態に問題がある、B.ステージはすっごく暑くて、
しかも毎晩必死でがんばっていたんだもの。オードリー・ヘップバーンもセットよく倒れ
てたって聞いたわ。それでも彼女は燃え尽き症候群なんて言われなかった。

-今現在の健康上の問題はなに?

私はルーパス病じゃないわ。まだ境目の状態にいるのよ。つまり、私の体内には
ルーパスがあるにはあるのだけど、それについてはまだよくわかってないの。
ファンに心配かけたくないから、それについてはあまり話さなかったわ。
でも今はなるべくストレスを減らして、発症しないようにすることが大事なの。

-医者からはなにか健康管理の方法について指示があった?

この病気は家系だから、あんまり医者の言うことは聞かないの。
すごく個人的なことよ。この病気にかかった人や、父の話を聞いているわ。
父の妹はこの病気で亡くなったから。心配することはないけれど、たまにすごく疲れ
るわ。するとやっぱりこれは・・・って思ってしまう。

-もちろん心気症(訳注:神経症の一つ。病気や健康管理に異常にこだわる症状)
になってもおかしくない。

そうなりたくないの。だから大抵、「かまうもんか、私は大丈夫よ」って。
ある時点で、もうこれは疲労しているなんてもんじゃないくらい疲れる時があるの。
そうなると「本当に私は健康に問題があるのか、それともただただ疲れているだけな
のか?」って思ってしまうのよ。

-病気のことがわかって、人生の中で何が変わった?

ごたごたやストレスをできるだけ減らすよう努力しているわ。
健康には気を使ってる。お酒は飲むし、人生も楽しんでる。でもファンをがっかり
はさせられないわ。毎日ステージに上がる度にそんな余計なことと対峙しなければ
ならなくなったら、死んでしまうわ。全く恐ろしいことよ。だから私は今、自分の頭と
体と心に集中しているの。そして叔母のJoanneにも。
私は彼女の魂が私の中に宿っていると信じているの。だから親しい友達は、彼女が
病気を通してそっと私にハローって言ってるんじゃないの?と言ってるわ。

-おもしろいことを考えるね。

私の腕には彼女が亡くなった日が刻んであるのよ。
(ドイツ語で書かれたリルケの詩"Letters to a younger poet"を見せる)

-リルケの詩の隣?

そうよ。彼女は詩人で作家だったの。彼女はこの世でやり残した仕事があって、
私を通してそれをやり遂げようとしてるって本当に信じているの。
彼女は本当に聖人のような人だったのよ。だから今は罪深き者の人生を代わりに
体験してるってわけね(笑)。

-君がオルタナティブロックやクラシックロックを演奏しているビデオがyoutube
にたくさん載っているけど、あの頃の音楽に戻ってビリー・ジョエル風の音楽をやりた
いと思うことはない?

ちょうどそういう曲を新アルバムのために書いたのよ。すごくいいの。
それにすごくパーソナルな曲よ。私の悲しみについて、とてもリアルで正直に書いた曲
よ。その曲は、私が耐えられないほど寂しくなった時に、私の父がどれだけ私の近くに
いてくれたかという曲なの。父はいつも私からの電話に出て、私が泣きながら、詩の
ように悲しみについて話すのを聞いてくれるのよ。そしてこう言うの、「なあLoop、お前の
曲がラジオでかかるのを聴けば、もうお前は大丈夫だよ」って。

(ツアーバスがバーミンガムのホテルに止まり、Gagaのアシスタントが乗り込む)

-君をマンチェスターに行かせるよ。時間を作ってくれてありがとう。

私を「伝説」にしてくれるような記事を使ってね。私は伝説になりたいの。
おかしいかしら?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以上で記事は終わります。

(拙訳で申し訳ございません・・・汗)

いろいろ記事の中で、Gagaたんの健康状態や精神状態について、心配になるような
ことも書かれていますが、みなさまはどういう感想をお持ちでしょうか?

GagaたんがVogue Hommes Japanで男装を披露?

昨夜はRolling StoneインタビューPart1を読んでくださった方、ありがとうございました!
今Part2編集中ですので、今日中にアップします♪

さて、その合間に、これどうしてもアップしたかった~!!!

な、なんかGagaたんが日本のVogue Hommesのために男装を披露??

写真はGagaたんの仲良しアーティストで、ツアーのデザインを手がけてもいるNick Night
っつーことで、海外サイトで「Gaga男装!!」と広まっておりまするー。





いんやー男前!!!

でも確かにGagaたんな気がしますーーー♪




いやーーーん・・・・惚れてしまいそう・・・・(惚れてるけど)・・・(笑)。。。


掲載号は9月10日発売とVogue Hommes Japanのブログにありましたよーーーー♪

2010年6月29日火曜日

Rolling Stone最新号のインタビュー Part 1

お待たせいたしました!

Rolling Stone最新号のGagaたんインタビューを日本語訳いたしました~♪

先週~週末にかけて仕事と家事の空き時間はほとんどこれにかかりきりとなりました。
その量、ワードファイルで14ページ・・・・(どひゃーん)。。。

とても興味深く、Gagaたんの今考えていることを知るために大切なインタビューなので
早くみなさまに読んで欲しくて必死で翻訳いたしましたが、噂では来月か再来月あたり
日本版Rolling Stoneでこのインタビューが掲載されるかも・・・てなことで、
プロの方の翻訳が出たら・・・比較しないでね~(汗)・・・(私は素人でございます
のでお許し下さい~汗)。。。

膨大な量なので、Part1とPart2に分けて掲載いたします!
一挙に載せたかったのですが、推敲・編集作業が間に合わなかったので、今日はPart1
だけ掲載します~。

(注:仕事とお母さん業の合間に必死で翻訳したので、無断転載は何卒ご遠慮下さい
ませませ。。。引用する場合、このブログからのものであることを明記下さい)





Lady Gagaはノッティンガムの楽屋でビリー・ジョエルのアルバムを小さなレコード
プレイヤーにかけて踊っていた。レコードプレイヤーは今では楽屋の必需品となっている。

彼女は楽屋のメイクアップミラーの前にある椅子に飛び乗ると、最新シングルである
AlejandroのビデオのラフカットをMACBookで流し始めた。
普段は目立つ格好を好むGagaとしては、今流しているシーンの衣装は比較的落ち着いて
いるものだ。

「ね?頭の上に電話とかのってないでしょう?電話ボックスもね」
彼女はそう言うとビデオに戻り、一時停止をした。

「私はこのシーンで化粧すらしていないわ。そのままの私よ。化粧やファッションをとって
も全部が私だってことが、これでみんなにわかるでしょう」

彼女はふと止まると今見たシーンのイメージを思い返していた。
「そのままの私でも、まだ激しくいられるのよ」

もちろん後の場面では胸から機関銃を突き出して踊っているわけだが。

「オッケー、Lady Gagaな部分もまだ少しあるってわけね」彼女は笑って告白する。


Stefani Joanne Angelina Germanottaだった彼女はある使命を抱えている。
Lady Gagaは彼女のアートであり、彼女のアートは仮面ではなく人生そのものだと
いうことを証明するという使命だ。

Gagaが今よりももう少し弱かったら、おそらく今頃彼女の人生はコントロールを失って
振り回されていたことだろう。
祖父は入院し、父親は最近心臓の手術を受けたばかり、おまけに彼女自身がルーパス病
を発症する危険を抱えている。ルーパス病とは自己免疫性の病気で、Gagaの叔母は彼女
が生まれる以前にこの病気で亡くなっている。
それらに加え、突然世界のカルチャーを制するようになったプレッシャーと、仕事に対
する厳しい姿勢、終わりなく見えるワールドツアー、さらにすでに次のアルバムのデモ
を作り終えていると聞けば、当然このスターは倒れる寸前の状態だと思うことだろう。
だがGaga本人はそう見ていない。

「疲れていて当然よね」
と言ってから、Gagaはツアー中に書いた新しい曲のいくつかを歌ってみせる。
「どうしてみんながちがうって言うのかわからないけど、アルバムを出したらツアーを
するものよ。それがキャリアを築き上げる方法だと思う。今日マネージャーにこう言った
の。もらったプラチナアルバムを壁から全部はがして、つぎにもらうもののために場所
を空けるのが待ち遠しいわ、って」

Gagaは知識豊富で誰の目から見ても野心にあふれているが、実際に会ってみると非常に
繊細で、信頼できるところがある。ツアーマネージャーがGagaに「いくらオフレコでも記者
に新しい曲を聞かせないように」と言った時、彼女はそれをあっさり無視した。
「彼は他のことについて書くのよ。私がどんな人間だか知って欲しいの」

では彼女はどんな人間だろう?
Lady Gagaは彼女の元プロデューサーで恋人だったRob Fusariが彼女につけたニック
ネームから生まれたと言う人もいる。Fusariはクイーンの曲”Radio Gaga"からこの
ニックネームをつけた。だが彼女の語る話と音楽を注意深く聞けば、Lady Gagaは
「心の傷」から生まれたということがわかる。
最初は父親だ。彼女は大学を中退した後、ロックミュージシャンを目指していた父親に
見捨てられた。それからIsland/Def Jamとレコード契約をしたが、契約を破棄された。
当時のGagaの音楽スタイルであったフィオナ・アップル風のピアノ・ロックが気に入られ
なかったためだ。最後に、そしておそらく最も彼女を傷つけた出来事が、激しく情熱的な
関係だったヘビーメタルバンドのドラマーとの恋愛が終わったことだ。
Gagaが有名になる直前に別れたこの男性を、彼女は「初めて本気で愛した人」と語る。

Gagaはこの別れの後、もう二度と人を愛さない、そして彼がGagaの才能を信じなかった日
を後悔させてやる、と心に誓った。
おそらくこれが、StefaniがGagaとなった始まりであろう。

彼女のツアーを見たことがある人なら(140万人の人が現時点で見ているわけだが)
わかるが、このツアーはマドンナやキッスのショーのようなステージスペクタクルではない。
これはポップ・スペクタクルを装った、非常にパーソナルなパフォーマンス・アートだ。
ショーの中でGagaが何度も言うように、彼女は”Free bitch”であり、観客もそうである
べきなのだ。社会に順応しろとのプレッシャーから自由になるだけでなく、男たちにコント
ロールされたり存在の定義をされることから自由になれと言っているのだ。
彼女は観客たちを、社会にも恋人からも拒絶された自分のミニ・バージョンだと見ている。
彼女はショーの途中でこう言う。「どうしようない友達たちの傷ついた心を癒すために乾杯し
ましょう」彼女の成功は社会のはみ出し者たちの究極の復讐なのだ。

次の日、彼女は再びバーミンガムの楽屋でショーの準備をしていた。
今度はブルース・スプリングスティーンの”Born to Run"のレコードを聴いている。
ブルースへのトリビュートとして青いバンダナを頭に巻き、スタッズ付のベストをボタンを
留めずにはおり、下には黒いブラをつけている。彼女が「激しい」という言葉を使ったり、
美しい男たちを性的に征服したことを語ったりする時、なぜGagaが「両性具有者」だという
噂があそこまでしつこく囁かれたのかがわかる。彼女は時に、女性の体に囚われたゲイの
男性のようなのだ。彼女はソファに座るとレコードのボリュームを下げ、「Lady Gagaは
心の傷から生まれた」という考えについて思いをめぐらせていた。

-君についての理論がある。

どうぞ、言って。横になったほうがいい?

-そうしたほうがいいかもしれない。

横になるにはソファが足りないわね。

-セラピーに行ったことはある?

ないわ。その、スピリチュアルガイドに話したりなんてことはあるけど。
セラピーに行くのが怖いの。私の創造性をぶちこわされたくないのよ。

-僕の質問はこうだよ。 もし5年前にそのイーストヴィレッジの恋人と別れていなかったら、
こんなに成功してなかったと思う?

そう思うわ。彼がいなかったら私はこんなに成功していなかったと思う。

-僕が思うには・・・

泣かせるわね。(涙をふきながら)

-今まで男たちに向けられていた愛が、今は代わりにファンたちに向けられていると思う?

そうね、私は今まで彼を愛したようには誰も愛したことがないの。彼を「愛している」よう
には誰も愛したことがない、かしら。あの恋愛が私という人間を作ったのよ。
私は戦う人間になったの。でも、私のファンへの愛が男性への愛と同じものとは思わない。
でも私は、愛はいろんな形でやってくるものだと思っているの。だから私はこう結論
づけているのよ。理想の男を手に入れられないなら、他にも愛を与える方法はあるわよ、
って。だからあなたの言っていることはある意味当たっているわね。

-有名になった後、彼から連絡はあった?

彼の話はしたくないわ。

-OK。

ごめんなさい。話したいのだけど、彼はあまりにも大切すぎる存在なの。

-驚いたな。もう彼のことは乗り越えたのかと思っていたよ。

あら、私は私の友達も、私の過去も愛しているの。それが私という人間を作ったのよ。
ある日目覚めて、自分がどんな風に今のようになったかすっかり忘れちゃった、ってわけ
じゃないわ。実際、私はいつもNYに一足はハイヒールを置いておくの。私はハリウッドに
住んでいるけど、ハリウッドを愛することはできないわ。ハリウッドを愛することは絶対
にないの。

-その彼とのことは、妄想だったと思う?それとも愛だったと思う?

愛よ。でもね、私は愛についてはあまり知らないの。もし愛についてすべて知っていたら、
音楽を作ることはできないと思うわ。そうじゃない?

-そうとは言えないな。恋している時こそ最高の曲が書けるアーティストもいるよ。

でも子供は怖いわ。

-どうして?

だって、クリエイティブであることに関して、女としては、一度子供を産むと変わってし
まうわ。私はまだ全然そんな準備はできていないの。

-君がワイルドだった時代、君のお父さんは君を見限っていたけど、その後なんらかの解決
はあったの?

つい最近になって傷は癒えてきたの。父は心臓の手術を受けたし。父は私が子供の頃から
その手術を受けるべきだったのよ。理想の男性を失う恐怖・・・父のような男性を失う恐怖ね
・・フロイドの説はいうまでもないけど・・・それはもう恐ろしいことよ。だから人生で一番
恐れていることはもう通り過ぎたの。

-ロックスターになりたかったというお父さんの夢を、今君が叶えていると感じる?

ええ、もちろんよ。私は父が大好きなの。私にとってのすべてよ。父のように私を大事にし
てくれる男性に出会えればいいなと思っているわ。

-君はいつもダーティなミュージシャンタイプの男性に惹かれるよね。
そして君のお父さんもミュージシャンだったわけだし・・・。

Loopy(頭がおかしい)なのよ。

-おもしろい言葉を使うね。

Loopyは私の父がつけた私のニックネームなの。
Loops!!(訳注:普通はloopって輪とかリングって意味ですが、loopyだと狂った、頭がおか
しい、という意味になるみたいです)
父は本当におもしろい人なの。この前は電話で「俺は酔っ払ってるし、すげえ落ち込んで
るんだ。父さんが病気だからだよ。最低だ」って言うのよ。だからこう言ったわ、
「ねえパパ、これは人生の一部よ。つらいのはすごくわかるわ、でも私がここにいるから」。
父は「そうだなLoops、人生の一部だな」って言ってたわ。
私の父はずっと私に、自分がすごい気取り屋だってことを隠そうとしていたの。私はもう
大人だから、父とは今や親友よ。父は私の「父親」になろうとするのをあきらめたから。

-多分お父さんは「娘を変えようとがんばったけど、できない」と思ったんじゃないかな。
もう娘はなるようにしかならないということを受け入れなきゃならなかったんじゃないの?

あなた、たった今私の今までの恋愛を全部要約してくれちゃったんじゃないの?

-仕事中毒の人は大抵こういう傾向があるんだっていうよ。ほかの事を避けて通るための
方法なんだ。

いろんな意味で私の音楽も私を癒してくれるの。私にとっては麻薬なのかしら?よく
なるためには治療が必要なの?それとも音楽こそが治療なのかしら?それが大きな疑問ね。
私みたいに一生懸命仕事をしたり、音楽やアートや執筆に自分を委ねると、自分を葛藤や
痛みに委ねなければならないの。そして私はこの「心の傷」に自分を心の底から委ねてい
るの。絶対にこれだけは手放したりなんかしないわ。その「心の傷」はある意味私の特徴
なのよ。それは私の仕事の過程を象徴するものなの。アーティストはみな永遠に心の傷を
抱えているのよ。

-こんなに早く深い話になるとは思わなかったよ。

私はあなたが思うより深い人間なのよ(笑)。
それに私が大好きな変わった服について話さなかったしね。

-じゃあ仕事中毒というのは親密な関係や、それにつきものの傷つきやすさから逃れる
一手段だと思う?

でも、今はセックスは優先事項じゃないわ。

-セックスは親密さとはまたちがう。

私はセックスと親密さは同じことだと思っているの。でも今私は人生において2年前とは
ちがう場所にいる。だから今私は自分を「女性」だと思っているわ。

-どういう意味?

いつどこで自分を「女性」だと思うのかわからない。でも今私は女性なの。
考え方もちがうし、感じ方もちがう。それに時間がたつごとに人が何を考えようと気に
ならなくなってきたわ。すごく強くなった気がするの。

-自分をさらけ出したり弱みを見せたりできる相手はいるの?

そうね、そうできる相手は少ないけど、ファンにはそうするわ。
昨夜のショーでは、ファンに私の祖父が入院したことを言ったの。
でも人には言えないこともいくつかあるわ。それについて2枚のアルバムを出した身と
しては、セレブになりたいかどうかを選ぶ権利があると思う。そして私はセレブにはなり
たくないの。それに私は比較的賢いほうだと思うから、人が私のパーソナルライフより私
の音楽やファッションにより注目するようにコントロールすることができると思うの。
信じて、私にとっては、人がGagaが何を着るか、何を歌っているか、ビデオで何をするかを
話題にしてくれたほうが、私が誰とファックしているかを話題にするよりずっといいのよ。
パーソナルライフを人目にさらすのは、私にとっては死神にキスされるようなものね。

-アートやキャリアのために自分の中のいくつかの部分と自分の人生を犠牲にしていると思う?

でも私にとってはけっこういいことなのよ。そう思わない?だって、もし私たちがデート
したかったら?私たちは誰にも言わないわ。たくさんの嘘をついて、つきあってないって
言い通すの。それであなたが「なんで人に知られたくないの?」と言ったら、それで私に
はあなたがよくない理由で私と付き合っているということがわかるわ。そうしたら
”Fuck Off”と言うまでね。

-もちろん、隠せば隠すほど・・・

私が言いたいのは、これはショービジネスだってこと。あなたたちにとってはそうでは
ないかもしれないけど、私にとってこれはショービジネスなの。
私が万が一ステージでケガをしたとして、私のファンたちが病院の外で私を待って叫ん
でいたら、私はGagaとして出て行くわ。足が折れていたとしても、スウェットパンツでは
出て行かない。それはマイケルがやったことなの。マイケルはやけどを負った時も、あの
キラキラの手袋をした手をファンに見えるように高く掲げたの。彼はショービジネスとい
うアートの世界にいたからよ。それが私たちのやり方よ。そうしない人もいるけれど。
かれらは別のやり方をしたいのね。私はみんなにGagaも人間だ、なんて思って欲しくない
の。私はステージにいる時、誰の前でも水すら飲まないわ。ファンたちに音楽という
ファンタジーに集中していてほしいの。そしてどこか別の世界に行って欲しいのよ。
普通に暮らしていたら、とてもできないことよ。私たちは天国に行く必要があるの。

-新アルバムに書いた曲はすべてテーマがあるの?

あるわ。それが私のやり方なの。いつもコンセプトが決まっているのよ。霊的になにかに
引っ張られるようにして、その種から全てが芽を出し成長する感じなの。
でもあまりそのことについては言いたくないわ。だって本当は、新年までアルバムは発売
されないんだもの。大晦日の真夜中にアルバムタイトルを発表するつもりなの。まだ誰も
知らないから、記事に書いてもいいわよ。

-ありがとう。

アルバムのタイトルをタトゥーで入れて、その写真を出そうかと思っているの。
もう何ヶ月もこのアルバムに取り組んでいて、今それが完成したと強く感じるわ。あっと
いう間に曲が書けたの。アーティストの中にはアルバムを完成するまで何年もかかる人も
いるけど、私は違うわ。毎日曲を書いているの。今あなたに何か聴かせたいのだけど、
録音をちょっとだけやめてくれる?

(録音を止めると、彼女は新アルバムのタイトルトラックになる曲を歌い始めた)

このコーラスの部分が急に浮かんだの。誓って言うけど、書きもしなかったわ。
神が私のひざの上に落としていってくれたのね。それに私は今ファンたちを守りたい、
大事にしたいという強い思いで曲を書いているの。

-エクスタシーでハイになりながら書いた曲はある?

ないわ。エクスタシーは大好きよ。でもそんなにやらないわ。
というか、MDMAが好きなの。エクスタシーは好きじゃないわ。

-君のファンは君が体現しているものが本当に好きみたいだね。
人と違っていてもいいんだと言ってもらいたい人たちがいるからだね。

私は彼らが体現しているものを愛しているの。彼らという人たちが大好きなのよ。
ファンたちは毎日私に自信をくれるの。朝目覚める時、私はどこにでもいるただの24
歳よ。でもそんな時はこう言うの、「ビッチ、あんたはLady Gagaよ。今日も起き上がって
歩くのよ」って。ファンたちは私にそれを求めているのよ。そうして私に続ける力をくれ
るの。

-アルバムがもう出来ているというのに、ツアーを続けて古い曲を歌い続ける
なんて、欲求不満にならない?

ツアー中に曲を書くのは好きよ。毎晩ステージに立ってパフォーマンスしている最中に、
ファンたちが新しい曲の歌詞を歌っている姿を想像するの。ファンが一緒に歌っている
姿を想像できなかったら、どうして曲を書くの?私の魂を救うためにとでも?

-Speechlessについてはどう?あれはセラピーっぽいよ。

あれは私の心を癒すために書いた曲よ。でもコーラス部分がよくなければ誰も気にも
かけないわ。下品なことをいうつもりはないけど、それが私の音楽についての考え方
なの。みんながみんな私のパーソナルライフを気にしているわけじゃない。音楽は虚構よ。
嘘なの。アートは虚構なの。素晴らしい嘘をつかなければいけない。そうすればファンが
その嘘を真実にしてくれるわ。それが長い間私のモチベーションでありインスピレーション
だったの。そして新アルバムは私が死ぬほど真実にしたい嘘よ。

-君の中にはファンのために強くあろうとする側面があると思う?
恐れを抱かないようにという手本になろうとしてる?

時にはそうじゃない時もあるわ。こわれてステージで泣いてしまう時がね。
すっかり心をさらけ出してしまうの。

-君がかなりあけすけに性的な話をする時や、肌を露出した格好をする時、なんというか
・・・

反抗的?

-いや、反抗じゃないな。特別なコントロールの一種だと思う。
まるで「私はこの社会で居心地が悪いの。だからあなたも居心地悪くさせてあげる。
そうすると私は心地良いから」とでも言っているような気がするよ。

なるほどね。あなたの言っていることわかるわ。その説にイエスと言えたらいいけど。
だっておもしろい分析だもの。私はただ単にそうしているのが心地良いだけよ。私は
精神分裂的な人間なの。ありのままに言いましょうよ。でも私はそれで大丈夫だし、
自分でもわかっているの。おもしろいことに、ビデオを公開したり、パフォーマンスを
やった時、79%の場合はみんなの反応にショックを受けてしまうの。だって私にとっては
そんなに革新的とかショッキングだとか思わないんですもの。それがただ私っていう人間
で、そして私はフェミニストよ。

(Part 2 に続く)

そしてまたツアー再開♪

どーも♪みなさま
先週末からRolling Stoneの翻訳にかかりきりだったのですが、やっと終わり!!!
ただ今推敲&編集作業中です~♪(←これがまたけっこう大変)

さて、28日モントリオールからまたツアー再開のGagaたん♪
再開したMonster Ballは今までの曲+新曲のYou and Iとなったようです。


↓こちらは28日モントリオールでのYou and I。すばらしいです!!




そういえば28日のコンサートではTelephone歌う時にGagaたんがファンの一人に本当に
電話したらしいですよ??

下記のサイトにエントリーすればGagaたんから電話がもらえるかも?だそーです♪

Virgin Mobile


↓こちらは同じ日のあれあれはんど~♪
(なんか上から撮ってるのが新鮮)




さてRolling Stone記事アップの準備にかかります~♪

2010年6月28日月曜日

Video Phoneがビデオ・オブ・ザ・イヤーに!!

本日、ブラック・ミュージックの祭典、BET Awards 2010で、Gagaたんとビヨンセの"Video Phone"がビデオ・オブ・ザ・イヤーを受賞しました!!

Gagaたんの出演などはなかったようですが、一番栄誉ある賞ですので、
うれしいですね!

(とはいえ、私Telephoneでノミネートされたと勘違いしてました・・・汗)


<追記>
(Gagaたんから喜びのつぶやきが!)
Thank you so much for my first BET award ever, with Honey B! Videophone won VIDEO OF THE YEAR! Paws up for B! X Mother Monster.

 (初めてのBET受賞、ありがとう!それもハニーBと一緒に!)

おめでとう~♪♪♪




授賞式ではクリス・ブラウンがマイケル・ジャクソンのトリビュートパフォーマンスを
披露し、これが素晴らしい・・・・・!鳥肌ものです!

最後にはクリス本人も感極まって泣いてしまい、全く歌えず・・・それを見て私も
号泣してしまいました。。。

是非ご覧ください!





若い世代の方はThis is itで初めてマイケルを知ったという方が多いでしょうが、
私たちの世代は中学生くらいでマイケルと出会い、ビリージーンやスリラーが
全米ナンバー1となり、誰もがあのマイケルがビデオで着ていた赤いジャケットを
着ていた頃に青春を送っています。

そんな私たちの世代にとってはまた違った感慨があります。。。

まさにひとつの時代が終わったという気持ちで、マイケルの訃報を知った日、朝から
友達と電話で話して泣いていたのを思い出します。。。

Long live the king!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけのお知らせ♪

え~、アタクシのモンスター仲間が素晴らしいことにGagaたんイヤフォン、
Heart beatsの日本での販売に携わっております。
で、実は最近このイヤフォンの中国製のニセモノが出回っているとか!!
そこで下記のサイトで本物とニセモノの徹底検証をしております。

リアル&フェイク徹底検証!

今から購入を考えている方は是非ご参考にしてください♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



Rolling Stoneの翻訳、もうすぐできま~す♪

明日か明後日にはアップできる・・・と思うので(汗)、もう少しお待ちくださいね!

ぼーーーーだいな量なので、いくつかに分けて載せなきゃ。。。。

今あの翻訳を保存しているワードファイルが消えたら、きっと私ショックでもう
ブログ書けなくなると思う・・・・・(大汗)。。。

2010年6月27日日曜日

エルトンボールの動画♪(&おまけ)

おそようございます~。

昨日から翻訳にかかりきり(なのに遅々として進まず・・・・汗)のせいですっかりアップが
遅れてしまいました~。

エルトンボールでの動画、昨夜からかなり出回っていたようですね!
今検索したらいっぱ~いありました♪♪

Gagaたん本人も数時間前にTwitterで新曲の動画を送ってくれていました♪

Disco Gagaさん(Kouさ~ん♪ と、PC前で手を振る私・・・笑。Linksからご覧下さい♪)
がもっと早く紹介してくださっているのでもうご覧になった方も多いでしょうが、一応
こちらにも貼り付けま~す♪


こちらは新曲!!!のYou and I。

これ、今翻訳しているRolling Stoneのインタビューで「ビリー・ジョエル調のピアノロック」
と言っていた曲だと思います!
すごく聴きたい!!と思っていたのでめちゃくちゃうれしい!
初期の曲を思い出させる曲ですね~。こういう曲をもっと聴きたい!と思っていたの
で新アルバムが本当に楽しみです!

You and I




車椅子だけどPaparazziじゃなくてAlejandroなんですね~♪

かっこいいです~♪


Alejandro



Poker Face



なんかたっぷり休暇をとったせいか?いつもより断然踊りに切れがある!!と思うのは

私だけでしょーか!!

やっぱりこの曲聴くと気分上がります!!!(思わず腰痛を忘れて踊りだす私・・・いてて)


 Bad Romance



↓こちらはSpeechless。いや~これ大感動でした~(涙)。


曲が始まる前に


「エルトンがグラミーで一緒に歌ってくれてから、私の人生は永遠に変わったの。

私は自分がいつもおかしな人間(フリーク)だと思っていたけど、エルトンが、私にも居場所があるということを教えてくれたのよ」

(ざっくり聞いたままですが・・・)


と言っています。その後、途中からエルトン先生が参加。

「私のステージでなにをしてるの?」なんてGagaたんが言ったと思えば、ラストには

I love you Sir Elton Johnと歌って締めたり・・・・・ああああ、もう感動の嵐!!!!



Speechless


ああ~ひさしぶりにがっつりライブ動画見てまたテンション上がっちゃいましたよ~♪♪



おまけ♪


Gagaたん転び動画(爆)





気がつけばいっぱい転んでいるGagaたん(笑)。



かわいいです~(鼻血)。。。

2010年6月26日土曜日

エルトンボールも終わり・・・またツアー復帰?

おそようでございます~。

本日は家シゴトと子供の世話をしている時以外はずーっとRolling Stone
の翻訳をしていたのですが、まだ半分ちょっとしかいってなくて、自分で
ショックを受けております~(あと1ページ!と思ったらもう1ページ
あった・・・涙)。な、長いです・・・あのインタビュー。。。

でもすごくおもしろいインタビューなので、がんばって全部翻訳したいと
思っております~♪

お待ちくださいませ~♪

しかし、肩こり腰痛でまたヘロヘロになっているオバサンでございます。。。

(だれか肩もんでーーーーっっ泣)


んさてエルトンボールも終わってまたヒースロー空港から帰るGagaたんで
ございます。

次はカナダ??  
またツアーが始まりますねえ~。


プリンセス・ガガの別写真がありましたよお~。

2010年6月25日金曜日

エルトンボールでのGagaたんその2♪

引き続き、エルトンボールでのGagaたん、すごい。。。。(鼻血の海でダイビング!)。。




ぬおおおおおおおおお~~~!!!!!!!!(悶絶)!!!!




ちょっと~、どっかでこれの動画ないの~????!!!!

さっき探してみたのだが、ない。。。

いつか誰かがアップしてくれないだろうか。。。。
(出席者セレブばかりだからないかなあ。。。)





本日はRolling Stoneの記事の翻訳中で、また腰痛に苦しんでおりまする。。。

んだけどこの写真見ちゃったらアップしないではいられませんでしたー♪

週末のオカズ(おいっ!)ですなああ。。。。。

エルトンボールでのビューティフォーGagaたん♪

エルトン先生宅で毎年行われているエイズ基金のためのチャリティイベント、
White tie & tiara ballに出席したGagaたんです♪

めっちゃくちゃビューティフォー♪

(萌え死にしてくださいっ♪)




だ、誰だっけこの人・・・見たことある。。。。

うつくしーーーー。。。。。





久しぶりにフェミニンな装いのGagaたん見てため息ですううう。。。。

2010年6月24日木曜日

Gagaたんストリップクラブで彼氏にラップダンス?

昨日書こうと思ってたのですが、時間がなくて今日になっちゃった~(涙)。

Gagaたんが21日、NYのストリップクラブで彼氏のMatthew Williamsさんにあつ~い
ラップダンスをしているところが目撃され、あまりの熱さに周囲が「部屋をとって
二人だけになったほうがいいんじゃないの?」とすすめたほどだったとか!

何でもその日のGagaたんのファッションはスケスケのボディスーツ・・・要所要所を
隠しているだけ?みたいなものだったらしい。。。。

彼氏はGagaたんの口紅で真っ赤になっちゃってたとのこと~(うらやましい~笑)!

↓↓↓こんな格好?


↓↓↓下が彼氏のマシューさん。元カレ転じて今カレですな。

Dadaさんと呼ばれているのですよね~?
(あんまりGagaたんのラブライフに詳しくないアタクシですが・・・・)

(カンケイないけどデペッシュモードのTシャツ着てるー♪)



Gagaたんの彼氏って、その前の彼氏のスピーディさんにしても
↓↓↓



あの告訴してきた元プロデューサー↓↓↓にしても、

なーんとなく「とっちゃんぼーや」風だと思うのは私だけ・・・・?

ベイビーフェイスの頼りない感じの方が好みなのかしらん。。。。。


   


む~。

デビッド・ボウイみたいな人とつきあってほしい~。

(と、いうのは余計なお世話ですけどね。。。。Gagaたんが幸せになってくれれば
どなたでも結構ございますーーー)

Gagaたん、ころぶ。。。。(やっぱり 汗)

昨日ロンドン、ヒースロー空港に到着したGagaたん。。。。


さっそうと到着!と思いきや・・・・。


およっ?!



あらら。。。。。(汗)



こ、ころんじゃった。。。。。。(涙)。。。。


て、いうか・・・いつか転ぶと思ってたけど・・・(あの靴ですものね・・・・)。。。。


怪我してないといいのですが。。。。



Gagaたんは、ただいまエルトン先生宅に滞在中??

本日、エルトンさんがエイズ基金のために開催するコンサートに出演するのだとか?

Twitterで「エルトン・ボール前夜!」とつぶやいてましたね。。。。

2010年6月23日水曜日

Rolling Stone 最新号スキャン♪

本日帰宅早々HMVやタワレコに電話してRolling Stone予約したんですけど、

「入荷は再来週くらいです」

と言われてしまったので、「えー?どうしようーーー!」と思ってたんですが、

Gaga Dailyさんがスキャンを載せていてくれた!

なので拡大してこれから翻訳作業にはいりまーす♪

(タワレコの店員さん、電話したらすぐ「Lady Gagaでございますねっ」って・・・・笑。
たぶんみんな問い合わせの電話してるんだろうな・・・爆)



英語のわかる方は、コピーして拡大すればそのまま読めますよーーー♪



Thanks to Gagadaily!!!!

Monster Ball +人体の不思議展?

えー?これほんとですかー??

GagaたんがMonster Ballツアーの新ヴァージョンとして、「人体の不思議展」などの仕掛け
人である解剖学者、また人体保存法プラスティネーションの開発者で ある
グ ンター・フォン・ハーゲン と組もうとしているらしいとのこと。

なんでもGagaたんはMonster Ballツアーの新ヴァージョンでグンター・フォン・ハーゲンが
開発した方法で保存された死体(!)を使おうと考えているとのこと。

↓↓↓ こんなんですけど。。。。(汗)




関係 者が「サン」誌に語ったところによると、Gagaたんはグンターさんの仕事に魅せられ
Eメールなどで相談をしているところであり、話はうま く進んでいるのだとか。

「誰もやったことのないこと、つまり本物の死体を使ったコンサートをやろうとしているん
だ よ」とのこと。

時期的にはラスベガスでの公演にこの新ヴァージョンを使おうとしているとか。。。


ど ひゃーーー(汗)。。。
ガセかも・・・・とは、思わなかったです今回・・・(だってGagaたんなら絶対やりそう)。。。

最 近どんどんGagaたんがデビッド・リンチワールドの住人となっているような気がする
のは私だけでしょーか・・・?(リンチも猫の死体を冷 蔵庫に入れてると噂になってた
もんなあ・・・・)


元 の記事はこちら

はきだめに鶴ならぬ・・・・

はきだめに鶴ならぬ・・・・


ごみ箱にGaga・・・・・?(爆)




もう~あんまりウケちゃったので貼り付けちゃいました(爆)。

これってこの前のホットドッグスタンドの前でポーズ決めてた写真と同じ日ですよねー?
(服がおんなじ)

この日はそういうテーマで(ホットドッグとかごみ箱とか)写真撮ってたのかしらん。。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、昨夜、謎の男性とNYのレストランに現れたGagaたん・・・。

レストランのプライベートルームに入ったとのことですが、そのドアの前にはなんと
6人のボディガードがいたそうです。。。。

先日のヤンキース問題?でそーとーヤンキースファンを怒らせたのでは?
などと言われております。。。。
(野球ファンに襲われるとか、を考慮してでしょうか・・・?確かにあり得る・・・・汗)


元の記事はこちら



む~。Gagaたんヤンキース大ファンなのに・・・同じヤンキースファンに嫌われちゃって
たら悲しいですねえ。。。。(汗)

2010年6月22日火曜日

Rolling Stone 最新号のインタビューについて

みなさまこんばんは~♪

新装開店いらっさ~い♪

無事引越しを済ませることができました!ありがとうございます♪

みなさまにはブックマークの変更などご迷惑をおかけしますが、新しいお店(笑)
にも変わらず遊びに来ていただけると大変うれしいです♪

私もこれからますますガガシゴトに邁進します!
(子どもに止められていますが・・・・汗)



さて、すでにお伝えしているように最新号のRolling StoneでGagaたんが表紙を
飾り、インタビューが掲載されています。

当初7月8日発売と聞いていたんですが、USで6月23日(水)には発売される
ようです。

インタビューの内容の一部がオンライン版で掲載されていましたので、いつも
のざっくり翻訳をさせていただきます♪

(子どもからものすごい邪魔攻撃をされ続けて2時間・・・翻訳終わる頃には
がっくり疲労・・・・。コドモって・・・・コドモって・・・・・(号泣)うっうっうっ)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月23日発売(USでの発売日です)のRolling Stone最新号で、Lady Gagaが心の内
を語っている。

最も長く詳細に渡る今回のインタビューでは、Lady GagaがGermanottaからGagaに
変貌するきっかけとなった別離、父親との複雑な関係、また新アルバムについて
語っている。
本誌の編集者Neil Straussに彼女は「アートは人生であり、恐れを抱くことは許され
ないと」語る。
「朝目覚める時は、どこにでもいる不安定な24歳の女の子よ。でも自分に言い聞か
すの。”ビッチ、あんたはLady Gagaよ。今日も起き上がって歩くのよ”って」

イギリスで行われたMonster Ballツアーのバックステージで、Gagaは5年前にイースト
ヴィレッジのボーイフレンドとのつらい別れを経験していなかったら、今の成功はな
かったと認めている。彼女はこうも言う「セックスは今のところ優先事項ではないわ」。
彼女にとっての今の優先事項とは、ファンと築き上げた関係だ。

「万が一ステージでケガをしたとして、私のファンたちが病院の外で私を待って
叫んでいたら、私はGagaとして出て行くわ」彼女はこう語り、マイケル・ジャクソンを
自分にとっての手本としていることを付け加えた。
「マイケルはやけどを負った時も、あのキラキラの手袋をした手をファンに見えるよ
うに高く掲げたの。彼はショービジネスというアートの世界にいたからよ。
それが私たちの仕事なの。私はステージにいる時、誰の前でも水すら飲まないわ。
私はファンたちに音楽というファンタジーに集中していてほしいと思っているの」



またGagaは初めて非常に個人的なことをこのインタビューで明かしている。
たとえば彼女が繰り返し見るという、幽霊とロープでしばられた金髪の少女が出て
くる悪夢のことだ。
「彼女は私がグラミーの時に履いていた靴を履いているの。そうね・・・精神病的ね」

彼女のふるまいはトラウマ的な体験から生き残った人間の示すものだと言われた
時、彼女は「人前で話せることには限りがある」と語った。
「自分を尊敬してくれている人々の前で、どの程度まで自分のことをさらけ出して
いいか、気をつけなければならないわ」と彼女は語る。

健康の面で不安なことがあり、(今のところ彼女はルーパス病をもっていないが、
彼女はその病気の家系なのだ)またツアーもノンストップで続いているが、彼女は
クリエイティブなインスピレーションを失ってはいない。Gagaは来年発売する新
アルバムのタイトルを、大晦日の12時にアナウンスするつもりだという。

「アルバムのタイトルをタトゥーにして、写真を公開しようと思っているわ」

「もう何ヶ月もこのアルバムに取り組んでいるの。今それが完成したと強く感じる
わ。あっという間に曲が書けたの。アーティストの中にはアルバムを完成するまで
何年もかかる人もいるけど、私は違うわ。私は毎日曲を書いているの」と彼女は
語る。

音楽については「名声を追求するという内容から、もっと怒りに満ちた、政治的
な内容」に変わっていると語る。

「なぜ私たちは未だにDon't ask Don't tell 法(訳注:「聞くな、言うな」という意味。
同性愛者の勤務が禁じられている軍隊で、本人がゲイであることを公言しない
限りその勤務を容認する法律のこと)について話しているの?一体今は何年
なの?頭にくるわ!私は3年間ケーキを焼き続けているのよ。だから今度は
ケーキに苦いジャムをつけるわ。私の新しい音楽は前よりもずっとビターに
なると思うわ。ケーキが甘ければ甘いほど、ジャムを苦く感じるのよ」


元の記事はこちら


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

む~。

これは、予想通り新アルバムはかなりヘビーな内容になりそうですねえ。。。

さてファンはどう受け止めるのでしょうか・・・?

いずれにしても楽しみです!

Gagaたん新年早々アルバムタイトルを発表??!

おはようございます~♪


わ~い、ニュースニュースっ!!!

Gagaたんが新アルバムのタイトルを新年早々(2011年1月1日0:00)アナウンスするら
しいです!

しかも「アルバムタイトルのタトゥーを自分に入れて」その写真を発表するとのこと!

うわあああーーー!!

今から新年が待ち遠しい!!!


んで、↓こちらはRolling Stoneの別写真♪

またキュートな靴をはいてますね~♪





こちらはフランスでのゲリラダンス!!

(オープニングが私の構想していたのと同じだ~!)





スペイン艦隊に比べると若干パワーがない感じがしますが。。。


どうするっ?ジャパニーズモンスター!!!(笑)

2010年6月21日月曜日

Gagaたんご乱心??

こんばんは~♪

新装開店作業もほぼ終わり、あとはお引越しだけとなりました!

明日かあさってあたりに新しいお店(ブログ)に引越します~♪

まだ新しいブログ慣れてないので、よくわからないところがいっぱいあったり、アメブロも
捨てがたい・・・とちょっとせつなくなってますが、どうしても憧れの独自ドメイン♪
やってみたかったんです~♪

てなことで、もうすぐお引越しアナウンスさせていただきますので、新しいお店にも遊びに
来ていただけるとうれしいです♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Gagaたんご乱心??!---ヤンキースに嫌われちゃった???


先日メッツの試合を観戦した際、写真を撮ったパパラッチに向かって中指立てちゃ
ったり、Fu○k You!とか叫んじゃったり、でけっこう物議をかもし出したGagaたん
なのですが、最近「ご乱心?」なニュースが続いております。。。。

あんまり大きなニュースにはなりませんでしたが、先週はGagaたんがレストランに
食事に行った際、黙って写真を撮ったファン(というより野次馬だと思うのですが
・・・)に向かって「写真を削除しろ」と怒鳴ったとかという記事がありました。

いつもファンを大切にするGagaたんのこと、「ニセの記事にちがいない!」とファン
はこの記事を一蹴したのですが、今回また別の騒ぎが起きてしまいました。

メッツの試合を観戦した後、数日前にまたヤンキースの試合を観戦していた写真が
載っていましたが、その際酔っ払ったGagaたんが許可なくヤンキースの更衣室に
押しかけて、大騒ぎになったとのことなのです。

その時のGagaたんの格好は黒いブラとパンティ、網ストッキングにヤンキースの
ユニフォームシャツをひっかけただけというかなーーーりセクシーなもので、
その格好で酔っ払って更衣室に押しかけ、選手たちの前で自ら胸をまさぐってみたり
して(!)帰っていったらしいのです。

↓こんな格好




これを聞いてヤンキースのボスたちは大激怒。「Lady Gagaは永遠にヤンキースの更衣室に
は入れるな」とスタッフに命じたとのこと。

これを受けてメディアは「Lady Gaga、ヤンキーススタジアムから永久追放?」と騒ぎ
立てましたが、その後ヤンキースのゼネラルマネージャーがその噂を否定。

「Lady Gagaは出入り禁止になんてなってないよ。セレブは出入り禁止にはならない
んだ」とコメント。

また、「その日はヤンキースが負けた日だったからまずかったんだよ。物事には時と
場合がある。彼女のせいじゃないよ」とコメント。

「一生ヤンキースファン!」を公言するGagaたんですから、とりあえず永久に出入り
禁止なんてことにならないでよかったですけど、ほんとにそんなこと(自分の胸さわ
っちゃったりとか)したんですかねえー?

しかもそのゼネラルマネージャーさんがあっさり「セレブは出入り禁止にならない」
なんて言っちゃってるところが、なんとなく業界的な・・・黒いものを感じます。。。
(きっと裏で話し合いがあったんでしょう・・・)。

いつも悪い噂を立てようとメディアが虎視眈々とねらっているGagaたんですから、
全部が本当だとは思いませんが、それにしても野球観戦にそのファッションは・・・
とちょっと???とも思います。。。

どう思います~???

GagaたんがRolling Stone最新号のカバーに!

こんにちは~(ランチタイムに更新している・・・汗)。

はああ・・・昨日はあまりの疲労に早く寝ちゃってステチなニュースのアップが遅れちゃった。。。(涙)


さてこの下のちょーーーーーーかっこいい写真をご覧くださいっ!

Gagaたんがまたもアメリカで一番権威ある音楽雑誌、Rolling Stoneの表紙を飾りました!!
もちろんインタビューあり。この内容がかなり面白そうなので、ゲットしたら是非翻訳を載せたいなあと
思っております!




こちらは19日、GagaたんがNYのDuane Park Restaurantというレストランで飛び入りパフォーマンスをしちゃったお写真。。。



ジャズの名曲、Someone to watch over meを歌ったんだそうです!!!

私この曲大好きなので、もーーーーーGagaたんが歌うなんて考えただけでも倒れそうです!!!





だれかビデオ撮ってないのかなあ・・・・。

見たいよーーー聴きたいよーーーー!!!

めちゃくちゃいい曲なんだよーーーーーーーーー(悶絶)!!!!!





にしてもGagaたん休暇をエンジョイしてますね!♪

このレストランにいた人めちゃうらやましいーーーーーーーーー!!!

見たことない2007年のロラパルーザの動画がーー!!!

今年の8月に行われるロックフェス、ロラパルーザの出演が決まっているGagaたんですが、まだ無名時代、
相方レディ・スターライトさんと出演した2007年当時の貴重な動画が海外ファンサイトに載ってました~!!(涙)

これすごいお宝映像だ~!!!!!(号泣)!!!



Summer boy歌ってるよ~!!!


Disco heaven 歌ってるよ~!!!


Dirty Ice cream歌ってるよ~!!!



それにしても・・・Gagaたんいい体・・・・(←おいおい)。。。

過去ログはこちらから♪

こちらのブログはアメブロからお引越ししました♪

過去ログはこちらから


↓ ↓ ↓ ↓

Gagaholicmom過去ログ

2010年6月19日土曜日

ただいま新装開店工事中!!

こちらはLady Gagaを心から愛するモンスターたちのためのブログです。

ただいま新装開店工事中!

今しばらくお待ちくださいませ~♪

現在こちらで開店中→Gagaholicmom